笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

夏…だよね?

P7176045-1-10fc.jpg

釧網本線 清里町~札弦


早いものでもう7月半ば、いよいよ夏本番である。
気温12℃…。肌寒いを通り越して寒い。

今年の農作物の生育具合は今後の天気次第という。
素人目にはどの程度遅れているのかわからないが、それでも麦は色付きはじめ、ジャガイモも花盛りだ。
これで夏らしい日差しがあればもっときれいなのになぁ…
と少し残念な気持ちで鼻を垂らしながら列車を迎えた。


異常な気温になっている内地各地の方々からすれば少しその冷気をくれと言いたくもなろうが、
それはこちらも同じでその暑さを分けて欲しいくらいだ。
予報では今週末くらいから上がってくるようなので、今後夏らしい空が広がってくれることを期待したい。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/07/18(水) 23:46:20|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0

天候不順



石北本線 緋牛内


朝靄の緋牛内を抜けて、一路札幌へと向かうオホーツク2号。
鉄道風景に限らず、湿気った日常を見るのも珍しいものではなくなって来ているように思うのは気のせいだろうか。


連日メディアに流れる西日本各地で起きた大雨災害に見るように、昨年は北九州、一昨年は北海道と
毎年どこかで災害が起きている。
亡くなられた方のご遺族、被災された方にはお悔やみ、お見舞い申し上げると共に、
一日も早く普段の生活が取り戻せることを祈るばかりだ。

温暖化の影響なのだろう天候不順は北海道にも同じことがいえ、本来ならばこの時期安定しているはずの天気が全く安定しない。
北海道に住み始めてから久しいが、こちらに来た当初はもっと暑かった。短いながらも夏らしさがあった。
ところが、近年は内地ナンバーのバイクを見かけては

「こんな天気ばかりじゃ気の毒だね」

と仲間内で言う機会が増している。
つまりそれだけ雨やグズついた天気が多いのだ。

ちょっと調べてみると、北見地方のここ30日間の日照時間は平年の約6割ほどで降水量は3倍増。
20日間に絞り込むと日照時間は4割まで落ち込み、降水量は4倍増となっている。
かつては日照時間日本一と言われていただけに、現在とはあまりの変わりようだ。
この分だと、北海道には梅雨がないなど昔のことと言われる日もそう遠いことではないのかもしれない。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/07/15(日) 01:36:57|
  2. 石北本線
  3. | コメント:2

サバんちゃ

P6305924-1-10fc.jpg

石北本線 端野~緋牛内


おぇ、一緒に飯山の方にでもに行こうや。

物心が付く以前から、信州の親戚宅には親方である叔父に「サブ」と呼ばれていた住み込みの弟子がいた。
叔母や他の人らからは「サバんちゃ」と呼ばれ、 それは「サブ兄ちゃん」「サブあんちゃん」が訛ったものである。
色黒で筋肉質の、今でいうかなりのイケメンで、汗水垂らして一生懸命働く真面目な青年だった。
親戚周りで同年代というとほとんどが女衆で、早くに兄を亡くしていた少年時代の僕には貴重な憧れの存在だった。
行けばいつも優しく接してくれるかっこいいサバんちゃに甘えたいものの、何だか恥ずかしくて今一つ飛び込んでいけず、
向こうから構ってもらうのを待っていた…というのが常だった。
そんな時、仕事を早く終えて帰って来たサバんちゃが前述のようにドライブに誘ってくれたのだ。
僕はもう嬉しくて嬉しくて、サバんちゃの運転する車に乗っかって、千曲川の流れを見ながら飯山に向かったのである。

飯山では夕立があったのか景色は濡れていて、小さな商店街の建物や路面は逆光に輝き、
その向こうにはもくもくと沸き上がる入道雲が山のように聳えていた。
車のラジオから流れる、サバんちゃが好んでレコードをかけていた千昌夫の「星影のワルツ」に乗って飯山線のディーゼル列車が顔を光らせ通過する。
小学校低学年の暑い暑い夏の夕暮れ時だった…。


パッとしない梅雨のような天気が続く中、ようやく出た日差しも北海道にしてはかなり暑くなった先月末。
ザッと一雨きたものの、それほど暑さは抜け切らず、少しばかりの涼を求めて川の堤防へと足が向いた。
山のように沸き立つ入道雲の足下へ、顔を光らせディーゼル列車が往く姿…。
蒸した景色に遠きあの日のことが甦り、僕はいつしか星影のワルツを口ずさんでいた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/07/08(日) 14:15:59|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

朱の印象

P6163954-1-10fc.jpg

石北本線 美幌~緋牛内


晴れといっても薄曇りのようなかすれた空ばかりで、どうにもスッキリしない天気が続いていた。
夏至まであと数日に迫ったある一日。
これが初夏の北海道だと言わんばかりの日差しがやっと注いだ。

初夏の北海道はきれいだよ…そう勧められたこともあり二回目の渡道を果たした若き頃、根釧原野は真っ赤に染まった。
緑の牧草地も、地平線まで続く真っ直ぐなダートロードも隅々まで染まり、不自然なほど西別岳がクッキリ浮かんでいた。
美瑛・富良野の大雪山連峰も道北のサロベツ原野もよかったけれど、軽く土埃の舞い上がる朱いスクリーンに落ちる長い影は
まるで自分がスティーブ・マックイーンの映画にいるようだった。
それが初夏の北海道の強烈な印象として今なお残る。

陽が傾くにつれ透き通るような赤味を帯びた光が強くなる。
一身に受けながら今日の主役は現れて、海抜13mの美幌から58mの緋牛内へと見せ場を登って行く。
初夏の北海道における朱い景色に見る旅往く者の姿はどこまでもドラマチックで、その度にあの日の感動を呼び出してくれる。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/07/06(金) 00:12:12|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

違和感



石北本線 美幌~緋牛内


もう6月も半ば、そろそろ夏至を迎え季節的には初夏だというのにこの日の朝は2℃。東京ならば真冬の気温だ。
ひんやりとした空気が一日を通して流れていても日差しが出ると蝉が一斉に鳴き出した。
狂い咲きなんて季節外れに咲く花があるように、その逆でせっかく生え揃った緑は枯れやしないかと思えば、
今朝どころか連日の寒さに蝉もよく死なないものだと自然界に生きる命の逞しさに妙に感心したりする。

深緑になりつつある森の趣きは紛れもなく初夏のそれだが、こちらは車に積み置きしてある冬用の現場作業着を着て、ボアの襟を立てて包まるようにしていたという間違った出で立ちで、
目に映る光景に違和感を感じながら斜陽となった森の路を駆け上がるキハを迎えた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/06/17(日) 05:28:08|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (7)
石北本線 (82)
釧網本線 (35)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (13)
上越線 (1)
秩父鉄道 (9)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (8)
廃線・保存機 (7)
駅・設備 (1)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる