笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

根室標津の熱い想い

昨日の昼、宮城の友人から「こんなものがあるとは知らなかった」とラインが来た。
なにかと思えば根室標津駅跡地にある転車台に、近くに保存されているC11を移動させて乗せるというプロジェクトだった。
以前、どこかでC11を整備するような話は聞いた覚えはあったが、各地で痛んだ機関車の修復と同じことが行われるのだろうと大して気に留めないでいた。
根室地方の小さな町でそんな大規模なことをするのか…と送ってくれた標津転車台保存会のホームページを見ると
転車台も動かせるよう整備し、機関車は車輪が回せるようになったとある。
動力はてっきり圧縮空気かと思いきや、なんと電動式とのことだった。

見れば見るほどジッとしていられなくなり、14時頃になって標津に向かった。



P8034163fc.jpg

標津町標津文化ホール


P8034162fc.jpg

(ドラマチックトーンにて撮影)
かつての僚機だった大井川の227号機と同じくコールバンカには手擦りが装備される。


P8034158-10fc.jpg

握り棒を見ると北海道型だなぁと改めて思わせる。
小さな機関車だが、下から見上げると蒸気機関車の威風堂々とした姿にいつも圧倒されてしまう。
静態保存であってもカッコいいものはカッコいい。


P8034184fc.jpg

根室標津駅跡地 下路式手押し転車台


P8034189fc.jpg

(ラフモノクロームにて現像)
アッシュピットまで復元かと思えば、見学者に機関車の下も見てもらうためのピットとのこと。
草に埋もれていた廃線当時の線路は地盤沈下と枕木の腐敗のため一旦線路を外し新設された。

標津線が廃止となったのが1989年、それから早28年が経つ。
今もなお、地域発展のために尽力した鉄道を忘れることなく、財政も厳しいだろう果ての小さな町で
少しずつコツコツと進めてきた有志の方々の苦労も並大抵のことではなかっただろう。
北海道の鉄道は今存続の危機に立たされている中で、このプロジェクトに挑む関係者の意気込みに拍手を送りたい。

なお、明後日の8月6日に文化ホールに保存されている機関車を転車台付近に移動し、10月8日に開催される旧標津線フットパスイベントで公開予定とのこと。
お近くの方や興味のある方は、ぜひ訪れてみてはいかがだろうか。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/08/04(金) 18:44:28|
  2. 廃線・保存機
  3. | コメント:2
<<犠牲者の下に | ホーム | ヒメジョオンの咲く線路端>>

コメント

C11224

1941年、新製と共に下北半島の大湊へ配置され以来1974年5月の大湊線無煙化まで一度の異動も無く
そのまま生涯を閉じてもおかしくない中、最後のご奉公とばかりに釧路機関区標茶機関支区へ。
翌年3月の標津線無煙化までの10ヶ月間を北辺の地で過ごし廃車後4年を経て標津町で保存。
33年間働いた所縁の地には保存されず、数ヶ月働いた最後の地に保存される…これもまた運命ってやつなんでしょうね。
道内で活躍していた207や動輪に傷が入りその後の去就が気になる171へ部品供給した224
保存の保守管理も余り良くない状態が続いていた中で、動ける程の整備もされ、しかも機関車が映えるターンテーブルとの保存。
個で捉えず面で捉えた標津町の判断、その判断を引き出した有志の方々に敬意の念が止みませんね。
  1. 2017/08/05(土) 22:02:20 |
  2. URL |
  3. ひぐま3号 #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

Re: C11224

ひぐま3号さん、コメントありがとうございます。

潮風が吹く町ですから、機関車の状態は正直あまりよいとは言えませんでした。
そんな中、動輪を回すため地道に注油作業を行い、まだまだスムーズに回らないそうですが、それでもここまで漕ぎ着けた有志の方々の努力に頭の下がる思いです。
もっとスムーズに動くよう作業を続けるとのことですので今後に期待したいと思います。
決して動態ではないかもしれません。
動くたけだろという方もいるかもしれません。
でも、小さな町が、そこで暮らす方たちが、何とかしようとここまで行う姿勢に私は胸が熱くなりました。

  1. 2017/08/06(日) 20:35:29 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (50)
山口線 (7)
真岡鐡道 (2)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (1)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる