FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

架け橋

PB040419-10f.jpg

東海道本線 蒲田~川崎


秋の日は釣瓶落とし・・・
刻一刻と変わる落陽の景色はどこか悲愴的であり、且つドラマチックだ。

どこかで目にしたが、とかく日本人は夕日が好きらしい。
古くは万葉集から、童謡や唱歌、ドラマ、映画と現代まで続き、これほど夕日を題材にしたものは
世界を見ても日本ほどないのだそうだ。
古来、日本人は美徳とした死後に浄土へ向かうと考え、それは落日の彼方にあると信じられていたという。
翌日になれば陽は昇り、移ろう季節のように人の命もまた生まれ変わる。
その象徴的な存在が夕日であったとするなら、なるほど、死して未来へ想いを託す、
今日はだめでも気を新たに明日出直そうと夕日から得る感覚は間違いではないようだ。

格差、コロナ、自己責任・・・
ルールだマナーだといちいち線引きをしなければならなくなった息苦しい世の中となっても
日はいつものように巡り、希望へと繋ぐ夕日の架け橋を様々な想いを乗せて列車が足早に走り去る。
明日という日に、果たして再生へと向かうドラマは待ち受けているのだろうか。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/11/14(土) 06:04:08|
  2. 東海道本線
  3. | コメント:0

スキル

PA160463-s2f.jpg

東海道本線 東戸塚~保土ケ谷 (トリミングあり)


薄曇りの空に期待していなかった富士山が見えていた。
ちょっとツイているかもと駐車場の車の屋根越しから何とか整えたファインダーに
目当ての踊り子16号通過の数分前といったところで空いていた場所の主が帰ってきた。
それもよりによって車高の高いミニバンで、どうにか整えていた構図はお陀仏。
イカレた撮り鉄は、一般人や車に対して邪魔だの退けだの罵声を浴びせるなど問題視されているが
こういう時に身勝手な振る舞いをするんだろうなぁと思うと、同じ身分として意欲が萎えそうになった。
撮り鉄だけでなく、かつてラベンダーで有名な富良野のファーム富田など花や風景写真を撮られる側でも見られ
いやーな気分にさせられたことが脳裏に蘇る。

列車先頭部を抜ける箇所は一箇所、せっかくの富士山を切るかあれこれ試す時間はなく
全編成も入らず何とも中途半端な一枚に終わったが、それは自分のスキルの無さが全て。
市街地で鉄道のある風景を切り取る難しさをつくづく痛感した次第。

それにしても・・・
竹林や雑木林、畑なども結構残っていた戸塚界隈がこれほどまで人が住むために山を削り、
マンションが建ち並ぶなどとは、昔からは到底想像も出来なかった。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/10/31(土) 07:56:33|
  2. 東海道本線
  3. | コメント:2

帰る道

PA160434-s1.jpg

東海道本線 保土ケ谷~東戸塚


保土ケ谷から徒歩20分程の所に樹源寺というお寺がある。
昔は大人数人がかりでようやく囲める樹齢800年の大きなけやきがあったのだそうだ。
築地塀に沿って墓地へ向かう小道は、更にその先の住宅街に至り、地域の方が利用しているようだが人影は少ない。

誰かがお参りしたのだろう。
弔う線香の匂いは墓地を一巡りした後、山を伝い天へと昇っていった。

ひっそりとした境内に日が暮れて
カンカンカン・・・と山のお寺の踏切 (かね) が鳴る。
薄雲の切れ目から覗かせた弱々しい残照は、家路へ急ぐ人を乗せた列車を鈍く光らせた。
先祖は土に還り、生きる者は我が家へ帰る、ここはそんな道だった。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/10/24(土) 01:03:22|
  2. 東海道本線
  3. | コメント:0

軌跡刻んで

PA061055-es2f.jpg

東海道本線 真鶴~根府川 (トリミングあり)


そろそろ帰ろう、そう思って時計を見る。
あと2本上り列車をやり過ごすと往路で乗った踊り子が折り返してくる。
せっかくだから見送っていこう・・・

接近灯が点滅する。
寒ノ目山トンネルの側壁が明るくなり、
各地で聞くことが出来た重厚なモーター音を唸らせながら、彼は来た。

希少となった国鉄型、窓の開く特急列車・・・
日本的な美を持つ影絵のようなトレインマークを誇らしげに掲げ
踊り子16号は一路東京へと向かう。
通い慣れた街道に、黄昏はじめた軌跡を刻みつつ・・・




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/10/13(火) 00:04:27|
  2. 東海道本線
  3. | コメント:0

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (4)
伊豆急行線 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる