FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

紅く燃え咲く

P6121084-1p2fc.jpg

釧網本線 知床斜里~止別    2015年6月撮影


遙かオホーツクの海を望む浜辺にハマナスが紅く燃え咲く。
航る風は冷たく打ち拉がれようと
沈む夕日に尚紅く、砂の丘で命を燃やす・・・
美しくもどこか儚さを感じさせる最果ての旅路に、汽車が往く。



P6111051-p1fc.jpg

斜里郡斜里町大栄




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/06/03(水) 05:29:09|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0

暮れなずむオホーツク

P5290893-p1fc.jpg

釧網本線 知床斜里~止別    2015年5月撮影


また明日と語る陽を追い掛けて、尾灯が一番星となって去って往く。
都会の高層ビルや住宅街に苦しめられることもなく、彼方まで見渡せる広くて高い空・・・
寄せては返す潮騒を劇伴にして、雲も大地も海原も、オホーツクは朱々と燃えた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/05/24(日) 20:11:55|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0

落日一人旅



釧網本線 中斜里~南斜里    2015年5月撮影


5月、GWが終わり、北国に遅い桜が咲く。
作付けに忙しい畑を邪魔するかのように
時に雪が降り、時に真夏のような暑さがやって来てはを繰り返し
桜は散り、代わって緑が里から山麓に広がっていく。

夏山へと姿を変えつつある斜里岳が夕日に映える頃、
コトコトとリズムを響かせ、往く列車は一人旅。
豊かな表情を見せる北の車窓を眼(まなこ)に焼き付けて・・・




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/05/22(金) 02:13:01|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0

原野へ



釧網本線 浜小清水    2015年5月撮影


町と町とが離れた北海道。
ひとたび夜が訪れば、人煙稀な風景は大きく深い闇に閉ざされる。
それは底なしの沼に踏み入れるような恐怖に似て・・・。

小さく煌めく駅の灯りに安らぎを求めるも、時は無情に過ぎていく。
ホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、旅人は
心細げに赤いテールランプを残して原野へと踏み出した。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/05/02(土) 23:16:47|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0

来年会おう

P2210565-p2fc.jpg

釧網本線 細岡~釧路湿原


列車が去る…その後ろ姿は電車であれ、気動車であれ旅情的であるが
蒸気機関車が牽く列車ほど郷愁に満ちたものはない。
客車が旧型客車であるなら更に良しだが、それでも他の列車と比べればはるかに郷愁感に溢れている。
遠ざかるドラフト、客車のリズム、テールライト…
残していった煙は去っていった者を慈しむ最後の温もりだ。
やがてその煙も薄らいで、手の平から零れる砂のように消えていく。
行かないでくれとの願いはさようならの笛の音となって遠く原野に響いた。

湿原のC11よ、また会おう。
来年の、白く凍てついた鉄路の脇で僕は待っている。





テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/03/11(水) 00:36:36|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (15)
石北本線 (134)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (8)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (17)
雑記 (9)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる