笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

雪の匂い 冬の音

今年は全国的に暖冬だという。
元々雪の多い地方ではないオホーツク地方も例年と比べて雪が少なく、時々冷え込む程度で年が明けてしまった。
あまり雪が多いのも困りものだが、少な過ぎるのも困ったものだ。
やっぱりその土地土地で、そこに合った季節の景観が一番だと思う。
寒さが嫌いな僕でも北海道で一番きれいだなぁ・・と思うのはやっぱり冬である。
バイクが好きで砂利道が好きで、林道を走り旅をするのが楽しくて仕方ないのにバイクの乗れない冬が皮肉にも一番きれいだ。

季節にはそれぞれ匂いがある。
春には春の、夏には夏の匂いがあり音がある。
雪国の冬は蒼味がかった世界と雪の匂いがする。
そして耳の奥でキーンと冷たい金属音のような、どこまでも澄んだ音が聞こえて来る。
その音がこの冬はずっと聞こえないでいた。そして雪の匂いも感じないでいた。
不思議なもので東京でたまに降る雪には、それがたとえ薄っすらと積もっただけでも雪の匂いは感じるのに、例年より少ないとはいえ一面銀世界には変わりない風景に匂いも音も感じることはなかった。
やはり、そこの土地に見合った・・・というものが必要なんだろう。

昨夜未明から降り出した雪。
年末年始から続いていた忙しさからやっと一段落し、久々にカメラ片手に家の近所をウロついた。
雪印乳業のマークそのままの結晶がふんわり降り積もり、轍ひとつない真っ新な道を走れば砂埃のようにもうもうと雪煙を巻き上げ気持ちいいったらありゃしない。
だけどこれはちと降り過ぎじゃないか?と思ったのは、最初に訪れた地点だった。
雪印の結晶はあれよあれよと大きな綿になり視界が利かなくなって来た。
こりゃ接近戦じゃないとダメかもと場所を変え上り始発列車を狙う。
まるでカメラメーカーが謳う耐久性を実証するかのように、氷点下11℃、雪がもっさり積もったカメラを構えるドカ雪の中を通学生を大勢乗せているであろう大事な足が音もなく駆け抜けた。

ふと車を見ると、ものの15分くらいですっかりバンパーまで埋まってしまっていた。
腹を擦りながら危うく帰れなくなる寸前の雪道をヨロヨロしながらやっとの思いで家に辿り着いた。
前日とは全く違った光景。
でも雪の匂いと耳の奥で音がした。
列車を撮りに行けたことよりも、今日の僕はこの冬やっと聞こえた冬の音と雪の匂いを感じられたことの方が嬉しかった。



P1141750-1fc.jpg

石北本線 緋牛内~端野




  1. 2016/01/15(金) 00:55:16|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

元旦の秩父路

新年明けましておめでとうございます。
当拙ブログを訪問して下さった皆さま、昨年は駄作にお付き合い下さりありがとうございました。
今年も変わり映えしないと思いますが、よろしくお付き合いの程をお願い致します。


さて、世の中年末年始関係なく働いている方も多かろうと思う。
そういう自分もそんな一人であり、周りから大変だねぇ、ご苦労さんだねぇと言われることがしばしばある。
僕の場合、土日祝日休みというのはあまり興味なく、むしろ平日休みの方を好む。
皆が休みの時はどこに行っても人だらけ、車だらけでどうにも昔から好きになれずにいる。
友人たちは?といってもその友人は少ないもんだし、いても一人遊びが好きだからつるむことはほとんどしないから関係ないのだ。

年末年始の帰省ラッシュ。
テレビでは東名高速30キロだ40キロだの渋滞で、新幹線はどれも満員のニュースが流れ、そんな中を行動するなんて僕には到底考えられないことなのだ。
そんな僕でもたまに欲しくなる休日休み、年始休みがある。
蒸気機関車の撮影だ。
蒸気機関車の運行は基本的に土日祝日であり、そんな時はやっぱり人並みに欲しくなる。

社会人になってから正月休み、それも元旦が休みという経験はほとんどない。
そんな中で2014年の元旦は珍しく休みに当たった。
当初あまり嬉しくなかったが、ふと秩父鉄道のHPをみると蒸気運行を開始して初の正月運行をするとなっていた。
となれば話は別で、この時ばかりは休日休み様様の思いがした。

復路、人並みに煙の出る場所で撮るか迷いつつ、結局は個人的に気に入っている武州中川駅に来てしまった。
ここは煙は全く出ない場所だが、背後に秩父の山並みが迫り、駅構内には使われていない貨物側線が撤去されずに残り開放的な明るさがあって好きな場所なのだ。
架線や家並みがうるさいとも言えなくもないが、これが山裾に広がる中川集落の暮らしの匂いなんだと訪れるたびに思う。

汽車は静かにやって来た。
既に低くなった薄日が静かな中川と秩父の山に漂う正月の空気を描き出す。
元旦ということで、どこか厳かな雰囲気が流れているのは気のせいではないようだ。
そんな新年を迎えた生活路線にヘッドマークを掲げ、日章旗をはためかせてやって来たC58が、僕にはとても凛々しく見えた。



F1018937-fc.jpg

秩父鉄道 武州中川駅





  1. 2016/01/03(日) 14:53:19|
  2. 秩父鉄道
  3. | コメント:0

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (57)
山口線 (7)
真岡鐡道 (4)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (7)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる