FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

違和感



石北本線 美幌~緋牛内


もう6月も半ば、そろそろ夏至を迎え季節的には初夏だというのにこの日の朝は2℃。東京ならば真冬の気温だ。
ひんやりとした空気が一日を通して流れていても日差しが出ると蝉が一斉に鳴き出した。
狂い咲きなんて季節外れに咲く花があるように、その逆でせっかく生え揃った緑は枯れやしないかと思えば、
今朝どころか連日の寒さに蝉もよく死なないものだと自然界に生きる命の逞しさに妙に感心したりする。

深緑になりつつある森の趣きは紛れもなく初夏のそれだが、こちらは車に積み置きしてある冬用の現場作業着を着て、ボアの襟を立てて包まるようにしていたという間違った出で立ちで、
目に映る光景に違和感を感じながら斜陽となった森の路を駆け上がるキハを迎えた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/06/17(日) 05:28:08|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

雨の叙情

P6135958-2-10fc.jpg

石北本線 緋牛内


関東、東北と梅雨入りの報せが届くと北海道も不安定な天気が続く。
北海道は梅雨がないといわれるが、それでもシブシブと空がクズつく日は多いように思う。
この日は台風5号から変わった温帯低気圧により全道的に雨に見舞われた。
とはいえ内地の高温多湿とは程遠く、ここ一週間ほどはストーブのお世話になるほどの気温が続いている。

あまりに冷たい雨はごめんだが意外と雨自体は嫌いではなく、緑が揃った夏や寂しげな秋の雨は特にいい。
山には雲が垂れ込め、草木の色は潤い、しっとりした風情を見せてくれる雨はなんとも日本の山村や線路のある風景によく似合うものだと思う。


日没時刻を過ぎ、灯った明かりが反射して一際光沢を帯びる雨の駅。
次第に強くなるコントラストにキラキラと、線路や水溜まりに落ちる雫や波紋が見えるようだ。
ジーっと、ただジーっといつまでも眺めていたい光景がそこにあり、雨音に混じってゆっくりと列車が進入する。
闇に沈む直前の、輪郭が辛うじて判別出来る仄暗い蒼さと深く艶やかな緑に、赤く光るテールランプがやけに目に染みた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/06/15(金) 20:03:42|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

緑の大地

P6015760-10fc.jpg

石北本線 端野~緋牛内


先月初旬、ようやく桜が開花した北国の春は、内地に後れを取るなと言わんばかりにもう既に新緑が盛りだ。

そよ風にさわさわと揺れる白樺の葉。
その隙を縫って落ちる木漏れ日。
カッコウやエゾハルゼミの鳴く声が心地よい響きとなって耳に届く一日…。
それは信州や那須の高原にいるかのような爽やかさだ。

山も丘の畑も緑一色となった大地。
様々なグラデーションを見せるその色は、純白の雪景色と二分する北海道に相応しい色のように思う。
やがて朱い光が届き始めた緑の大地に、規則正しくリズムを刻む車窓が流れて行った。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/06/03(日) 21:53:56|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる