FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

秋の宗谷本線 響きと共に

PA150171-10fc.jpg

宗谷本線 紋穂内~恩根内


国道40号線から天塩川を渡った所に紋穂内の駅がある。
駅近くの集落は両手で数えきれるほど僅かなものだ。
限界集落なんて言葉が出てきて久しいが、多分ここもそのひとつなんだろう。


若い頃、夕張線川端駅近くに実家を持つ職場の先輩宅に泊めさせてもらったことがある。
当時は先輩も故郷を離れ、東京の同じ職場にいたからご家族とは面識がない。
それでも、せっかく北海道に行くんだから俺ん家に泊まってけよと言う。

「職場のこういう奴が行くからって親に伝えたら、おお、よし来いよし来いと言ってるしよ」

しかしそれはあまりにも厚かまし過ぎやしないかと不安がる僕に、親待ってるからよ、行って来いよと念を押されるようにしてお邪魔した。

周りには一軒も家がないからすぐ分かると言われた先輩の実家は本当にすぐに分かった。
「北の国から」とか古い映画に出てくるような古い家だった。
とはいえ、バイクで林道を走りまくった泥だらけの旅姿に、さぞ嫌な顔をさせるだろうと覚悟して訪ねると
これまた活発そうな、それでいて優しそうなご両親が現れた。

初見の挨拶もそこそこに、
「おお、よく来たよく来た。年寄り二人暮らしだからロクなもん食わせてやれんが、ほんとよく来た」
と暖かく迎えてくれた。
水道は裏山から引いた水が常時流れ、薪ストーブで湯を沸かし、古い暮らしだろと笑う。
部屋に飾ってあった夕張線のデゴイチの写真を見ていると、下手な機関士だと坂を登れんでよ…と当時の話もしてくれた。

心尽くしの夕飯を頂いて風呂場から見た夜空には、満天の星と遠く札幌の街明かりがぼんやり映り、
もの悲しげに夕張川を渡る列車の音が聞こえていた。

周りに人がいなくて寂しくないですかと聞く僕に、ずっとこういう所に住んでるから思ったこともないと言う。

翌日、古い発電所跡のある公園や近くを車で案内してくれ、帰る時には見えなくなるまで見送ってくれた。
振り返り振り返り手を振る先の視界には、古くて小さな家と二人の姿がどんどん、どんどん小さくなる。
別れの言いようのない感情に締め付けられながら、やがて山と広い田畑の景色に飲み込まれていった。

今はご両親も他界され、実家には早期退職した先輩も戻り夫婦で農業を営んでいるが、恐らく先輩の代で終わりだろう。

先人が苦労の上に開拓したあの大地の行く末はどうなってしまうのだろう。

北海道の、こんな地域の景色を見ていると、あの時広い景色に消えていった二人の姿が甦ってくるのだ。
あの暖かさとあの笑顔が、去り往く列車の響きと共に…。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/31(水) 01:01:44|
  2. 宗谷本線
  3. | コメント:0

秋の宗谷本線 年月経っても

PA155982-1fc.jpg

宗谷本線 初野~紋穂内


初めてこの景色に出会ったのは2002年の秋だった。
今も乗り続ける600ccのオフロードバイクを、関東在住時にお世話になっていたバイク屋さんから購入し
あまりの難しさから早く慣れようと道内を乗り回していた頃に出会ったものだった。
ラフに扱えばフロントは浮きまくり、発進時には後ろから蹴っ飛ばされたような加速をする。
不用意にスロットルを開ければリヤは流れ、半べそになりながらこの景色がポッと現れた。

どこまでも広がる大地…
民家など忘れた頃にポツンとある…
などといった北海道をイメージする景色とは少し趣きが違う。
森と畑、点在する民家とのバランスが程よい生活感を漂わせ、暮らしの中に線路がある。
そこに偶然やって来た列車。
雄大な自然を往くのもいいけれど、秋色進む人里の、鉄道のある風景が何とも心地よくホッとさせられた。

あれから16年。
当時と比較したら樹木も線路脇の雑草も随分伸びたことだろう。
それでも、あの時覚えた気持ちは変わらない。

列車の足元が隠れることを承知しながらもそんなことはどうでもいい。
なぜなら僕にとっての大切な、鉄道風景が今もポッとそこにあったのだから。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/30(火) 14:31:56|
  2. 宗谷本線
  3. | コメント:0

秋の宗谷本線 匂い

PA155969-12fc.jpg

宗谷本線 初野~美深


いい匂いのする場所に出くわすことがある。
匂いといっても嗅覚の匂いではなく、好みに合ったというか自分だけの居心地の良さ…みたいなことだ。
匂いを嗅ぐのではなく、感じるといった方がいい。

あ、この店良さそうだから入ってみよう…
あの辺に行くと思うような景色が広がっていそうだ…

といった時に感じる、言ってみれば直感のことだが、それでも微妙に違う。
うまく言葉に出来ないが、僕にはそれが目や耳、触感などから、見えない色や聞こえない音となって匂いがしてくるような感じなのだ。
多分それは人それぞれ言葉は違っても同じ意味の感覚を持ち合わせていると思う。



僕はとにかく国道や高速が基本的に大嫌い(内地の三桁酷道なら別)なので、いつも変な道を探して
なるべく県道、道道、それ以下の道を走るようにしている。
今回の道北行きも、遠軽から西興部は全て山道、ヒグマにも出会った。
名寄から音威子府までも、国道を走らなければならない一部は除いて全て裏、裏、裏、林道…だ。
撮影しに行ってるのか何しに行ってるのか分からなくなるが、バイクだともっと酷くなるので使わない。
事のついでにナビも使わない。
うろ覚えの道も知らない道もほとんど勘、見ても二輪車用の地図くらいだ。
地図から地形を頭に入れておけば道に迷っても方角を見失うことはない。


美深郊外の裏の方、そこを行くと匂いがして来た。
トラクターが落としていった泥だらけの道に入ってみる。
いい匂いがしてきたからとはいえ、匂いの発端地を探し当てられるかは別問題。でも行く価値はある。

先にあった風景は、なんの変哲もないものだった。
だけど、何となく落ち着きたくなる居心地の良さが漂って来る。
程なくして踏切が鳴って普通列車がやって来た。
車輛を見て納得した。
白いキハ40でもブルーの特急でもない、渋みを増したステンレスのキハ54が、この色この景色に似合う。
彼の存在があって成立した景色こそが、感じ取ったいい匂いのことだった。




続きを読む

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/29(月) 22:23:49|
  2. 宗谷本線
  3. | コメント:0

秋の宗谷本線 鉄道車輌の条件

PA155905-1fc.jpg



PA150104-10fc.jpg

宗谷本線 日進~北星


金色の景色を青い車体が駆け抜ける。
普段ローカルばかり見ているからか、特急宗谷の速度は思いの外速かった。

基本的に国鉄型が好みたが、JR型のこの車輌、個人的にはなかなかかっこいいと思っている。
エッジを利かせるところは利かせ、スマートなデザインとカラーリングは北海道という土地柄に似合った好感の持てるものだ。

と言いながら、実は車輌形式だ性能だというのは正直いって興味なく、この車輌に限ったことではないが何系とかいうのもよく知らない。
能書きは蒸気機関車くらいなもので、強いていうなら国鉄型車輌の一部の形式くらいしか周知していない。
僕にとって鉄道に求めるものは形式性能云々でなく、
列車が如何に風景に溶け込んでいるか、
どれほど旅情的で郷愁を感じさせてくれるか、なのである。

とはいえ、どこまでが風景に似合うかとか個人の価値観によっても変わり一線を引くことは難しいが、
例えば純日本的風景にガラス張りの高層近代建築物よりも、藁葺きや瓦葺きなどの木造建築物の方が似合うというように…
野山田畑にコンクリートの高速道路よりも、水溜まりが空を映す砂利のデコボコ道が似合うように…
そんな感覚だ。

この特急車輌はその点でいうところ合格点を与えてもいい。

…でも、やっぱり



PA155938-10fc.jpg

名寄市 北国博物館


僕にはこっちの方がいいけどね。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/27(土) 12:22:04|
  2. 宗谷本線
  3. | コメント:0

秋の宗谷本線 

PA215991-10fc.jpg

宗谷本線 北星~日進


秋になると一度は道北に行きたい…そう思うようになってから随分と経つ。
標高の低いなだらかな山が続き、内地のような競り上がった山に圧迫される感じもなく
かといって、ひたすら平原が広がるわけでもない。
適度な開放感と天塩川をはじめとしたゆるりと流れる河川が最北のイメージを盛り立てる。
名寄以北となると人の気配も薄くなり、それでいてどうしようもない孤独感を覚えることもないのは
そんな地形から思うのだろう。
美深以南は盛んに稲作が行われ、見慣れた道東とはまた違った趣きの風景に惹き付けられ
秋の道北行きは恒例化している。

また、その宗谷本線は稚内が終点である。そこから先に線路がない。
最北、最果て、そんな旅情感があるのも魅かれる要因となっている。
同じ終点でも、途中から約180度向きを変え内陸に向かって線路が終わっている根室駅とでは
「果て」であっても何となく違和感があり、そこには「北」と「東」の言葉の響きも影響しているのだろう。

詩情溢れる宗谷本線は寂しい風景も良く似合う。
さっきまで朝の日差しが紅葉を浮き出たせ、鮮やかだった山の景色は雲によってお誂え向きの色になった。

カタン…カタン…

たったそれだけの音が聞こえて
たった一輌のキハが人家の見えない景色を走り去る。

朝っぱらからいきなりクライマックスを迎えたような、
ジーンを胸に込み上げて来るものを抑え切ることが出来ないでいた。




続きを読む

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/27(土) 04:04:06|
  2. 宗谷本線
  3. | コメント:0

日暮れし武利谷

PA145871-10fc.jpg

丸瀬布いこいの森


16時を前にして早々と日が暮れた秋の武利谷に、石北国境の山々を薄ら雪景色に塗り替えた冷気が忍び寄る。
盛りを過ぎつつも、まだ秋色だったと思われた山の景色は川の流れも冷たげに初冬を香るものへとなっていた。

明日は早朝から出かける予定があることと、寒さにも負けて帰り支度を始める。
それでも本日の最終運行を報せる放送が流れると帰れない。


せっかくだから最終便の一本くらい見て行こう。
みすみす帰るなんて勿体ない。

煙を噴き上げ南側のリバース区間をぐるりと回った雨宮は、ここが公園とは思えないほどの力走を見せてくれた。
意外にも鉄橋を渡る寸前で空転したのは、最後まで残っていたお客さんたちへの彼なりの挨拶だったのだろう。


薄らぐ山に汽笛が響く。
笛の周波が蒼き景色と手を結び、ジーンとひとつひとつの細胞に染み渡る。
うん、やっぱり最後まで残っていて良かったなぁ…。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/24(水) 13:01:48|
  2. 保存鉄道
  3. | コメント:0

在りし日

PA145847-10(2)-10fc.jpg

丸瀬布いこいの森


「お客さん、乗りますか?出ますよ。」

旅の道中、古びた待合室のベンチから転げ落ち、夢から覚めた寅さんは老車掌から優しく声をかけられる 。
すまねぇすまねぇと飛び乗ったディーゼルカー。
駅の煙突からは紫煙が揺らぎ、蛙がゲコゲコ鳴く風景を列車のホーンが遠ざかる…。

~男はつらいよ 柴又慕情より~


この旅情的なシーンに登場した尾小屋鉄道。
そこに限らず軽便鉄道というと、名の通り簡素な造りで
軌道にはバラストもなく、土にめり込んだヘロヘロなレールが勝手口前や裏庭に伸び、
脱線しても数人でホイっと車輌を持ち上げて線路に乗せられそうな印象を持つ。
実際はそこまでのことはなかったんだろうが、いずれにせよ豊かなローカル色とそのフォルムは個性的だ。

当時TMS誌に発表された作品や、
レイアウトモデリングに掲載されていた沼尻鉄道の写真から軽便鉄道の魅力は存分に感じていた。
かつてコッペルが運行されていた特殊性のあった西武山口線を除けば、
僕は生活の中にあった現役の軽便鉄道というのを知らない。

煙を揺るがせ、ゴトゴトと目の前をいく子供が描いたような列車…。
在りし日の軽便鉄道とはどんなものだったんだろう。
その風景からは一体どんな匂いが漂ってきたんだろう…。

そんな時代を僕も経験してみたかったものだ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/23(火) 04:25:51|
  2. 保存鉄道
  3. | コメント:0

秋の日の煙

PA140036-11fc.jpg


本州各地で見られる蒸機運行。
今や冬季に運行される「冬の湿原号」以外に見ることの出来ない北海道においては、いこいの森の煙は貴重な存在だ。
公園内を走ることで一見軽く見られる向きもあるかもしれないが
ロケーションの良さもあって、四季折々を煙棚引かせて走る姿は決して見飽きることはない。
ナローゲージのかわいい車輌たちがシポポポ、ゴトゴト往く姿は何とも癒され持って帰りたくなる。
運行も、時にはいつもと逆回りがあれば編成も変わる。



PA145745-10fc.jpg


この日も午前の編成は、元井笠鉄道の客車を牽引し、
午後は元王滝森林鉄道の客車、元武利意森林鉄道の運材車と緩急車などを連結した混合列車で楽しませてくれた。

機関車の次位にある炭水車のような車輌は炭車で、コールバンカのない雨宮は通常石炭をキャブ内に直接積んでの走行だが
こうして様々なバリエーションで運行してくれる職員の気遣いが何よりも嬉しい。



PA145756-20fc.jpg

丸瀬布いこいの森


中でも木箱のような緩急車が列車の末尾を飾るのは初めてお目にかかったこともあり、感慨も一入だ。

彩りの天窓から射し込む光を一身に受け、水鏡となった池に影を落としてのんびり走る元林鉄の車輌たち。
亡き友が教えてくれた甘い匂いが漂う秋の森に、雨宮の煙がスーっと舞っては消えていく。

ああ、なんて堪らない…。
思わず口を衝いた僕に、武利の汽車はまたひとつ素敵な一日を与えてくれた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/19(金) 16:00:54|
  2. 保存鉄道
  3. | コメント:4

夜のお遊び

PA130026-1(2)fc.jpg

石北本線 北見~柏陽


はじめに僕は星撮りはしない。
だから星の種類や、どこに何があるだの、この季節はどの位置に出るなどの知識もない。

オリンパスのカメラをお使いの方はご存じだろうが、ライブコンポジットという機能がある。
詳しいことは僕は写真の知識もないので割愛するが、
要はその機能を使って夜の街を走る列車を撮れないかというわけだ。

知人に頼んで某箇所から何度か試写してお遊びの開始だ。
まずは最終列車のオホーツク3号を撮影する。
iso4000、絞り開放でもSSは1/13、列車は少し動体ブレを起こしたが、まぁよい。

その後の本番が星の知識の無さがモロに出た。
寒いので途中部屋に戻り、30分ほどしてモニターを見に行くと…
なんだ?このぶっとい光跡は…。
街灯りで星も見えず、大して日周運動は写らないだろうと思っていたが、こんなでっかいのがあったの?
じっと見つめると、そのぶっとい線はこのままいけばマンションに向かいそうだ。
ここで止めてもなんだか中途半端かなぁと続行したのがマズかった。
取りあえず、列車と星の画像をカメラ内合成をしてみて知人と笑ってしまった。

なんだかマンションからレーザー光線か出ているみたいじゃないか。

よし、ならばこうしよう。
宇宙から攻撃を受けた地球防衛軍が反撃の図ならどうだ?
宇宙戦艦ヤマトだって斉射してもたった 9門の主砲で、片や敵の何十隻から放たれる砲に被弾しても撃沈されることはなく、
ヤマトはたった一発当てただけでやっつけたではないかっ!
うむー、苦しいぞ言い訳!

それにしてもだ、たった一本のレーザーとは…。
地球防衛軍たるもの、これではあまりにも弱っちい、弱っちすぎるっっ!!


星だけでも撮り直すかといってもいつまでもお邪魔するわけにもいかず、
ツッコミどころ満載のままここまでと相成った夜のお遊びだった。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/17(水) 01:59:45|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

日常



石北本線 愛し野


稲刈りが終わる前に見ておこう。
もっと晴れた日を選びたいけど、こちらの都合に合わせて待ってはくれないし…
そう思って山に登った。

端野町平野部に見かける田圃も随分少なくなった。
かつて自宅前も僅かな平地を利用して田圃が広がっており、春から夏にかけての涼やかさ、
金色に染まった豊穣の秋、刈り取られ霜の張った初冬と季節ごとに見せてくれる田圃の風景は
丘のジャガイモや玉ねぎ畑などとは違った良さがあって目を楽しませてくれた。


稲刈りに勤しむ人々、収穫を終えた畑、行き交う車…
人の暮らす日常が山の上から見て取れる。
走る列車もまた然り。
そんな景色の一部だから鉄道のある風景は美しいと僕は思うのだ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/16(火) 23:45:38|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる