笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

白き原野に

P2203715fc.jpg

釧網本線 止別~浜小清水


この季節になると道外から梅や桜の映像がテレビ等で流れてくる。
穏やかな陽気にコートを脱ぎ街を歩く人々。
もう、あんなに暖かいんだなぁと少しばかり羨ましく思いながら画面を見つめる。

北海道も日一日と陽は柔らかさを増し、農家さんのビニールハウス内での作業が始まると、
雪景色の中でも季節は進んでいるのだと実感する。

とはいえ、時に厳しい寒さがぶり返す。
朝の光も弱々しく、寒々しい原野に輝く二条の線路。
まるで存在を鼓舞するかのようにライトを点し往く列車。
オホーツクの海原は遠くロシアより旅立った白い使者に覆われて、陸との境界線すら見当たらない。
氷の大陸と化した海を渡る風は冷たく、
季節は行きつ戻りつを繰り返しゆっくりと春に向かうことを拒んでいるようだった。

オホーツクに面した鉄路はあれほどあったものが、今やここ一路線となってしまった。
この厳しい大地に暮らす人々にとって大事な生活路線であることには変わらない。
が、それ故に見せる圧倒的な美しい自然と鉄道風景は、どれほどの財産で価値ある資源かと僕は信じている。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/02/26(日) 02:21:08|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0
<<帰っておいで | ホーム | 職務を全うするその日まで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (57)
山口線 (7)
真岡鐡道 (4)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (7)
保存鉄道 (6)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる