笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

共演



秩父鉄道 浦山口~影森    2013年12月撮影


この年、秩父鉄道において1988年の蒸気機関車運行を開始して以来初となる冬季運転が実現した。
クリスマス時期と正月三が日の限られた日程だったが、ちょうど東京勤務だったこともあり、
またとないクリスマスプレゼントとお年玉になった。

わがままなファン心理からすれば、なぜもっと早い内からそれをやってくれなかったかと愚痴っても
顔はニヤけ心はワクワクしていた。

終点三峰口を折り返す上り列車の見せ場は影森登りと称される区間と思う。
急カーブと勾配が続く上り列車最大の難所だけに人も多く、初の冬季運転とあれば混雑ぶりも予想され
あまりに人が多い場所は苦手な僕は毎度のことのようにそこに立つことをためらった。

そこで、よく訪れていた少し三峰口寄りの陸橋に
「いつもの場所っていうのも変化ないよなぁ」
と思いながら立ち寄ると、僕の知らなかった風景がそこにあり、なにか呼び止められたような気がした。

冬の低く柔らかい斜光線。
その光に照らされた線路のある風景を見ていると、走る車の音でさえのどかな心地よいものに聞こえてくる。

微睡むような景色の中、木立の向こうに浦山口駅の手前からピッチを上げた汽車がやって来た。
山影に一旦消えた息遣い。
カーブを飛び出し再びその音が轟くと、眼下に見事なまでの白煙と冬の光の共演が広がった。
迫力よりもうっとりするような光景に見惚れながら振り返り、
裾から沸き立つ霧の如く舞い上がった残り香を、思い切り深く吸い込んだ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/03/23(木) 00:11:34|
  2. 秩父鉄道
  3. | コメント:0
<<蒼い景色に | ホーム | 若草香る秩父路に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (57)
山口線 (7)
真岡鐡道 (4)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (7)
保存鉄道 (6)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる