笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

蒼い景色に



石北本線 緋牛内~端野


日没からの、空の主役が変わる狭間に見せる色。
その独特な蒼い景色に点々と町の灯りが燈り出す。
今日一日が終わりだとホッとして、旅先であれば時に家が恋しくて
一人佇み、景色をボーっと眺めるたびになんとも言えない気持ちにさせられる。

風に乗って列車の音が微かに聞こえてやって来る。
どこだと蒼い景色に目を凝らせば、山裾に走る列車は既に夜汽車の風情が零れていた。
仕事で札幌に向かう人あれば帰る人もいるだろう。
季節柄、故郷を離れて都会に旅立つ人もいるだろう。
蒼い景色に浮かんだ町の灯は、旅行く人にどんな想いで眼に映るのか。


線路は遥か故郷に続く道。
大切な人の元へと走る道。

様々な想いを乗せた列車は白い光となって街へと向かう。
その姿に、僕も遠く離れた故郷への想いを乗せた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/03/27(月) 18:24:54|
  2. 石北本線
  3. | コメント:5
<<しばし見納め | ホーム | 共演>>

コメント

マイオさん。拍手コメントを頂きありがとうございます。

高感度が弱いと評されるE-M1。
フルサイズを使ったことがない私の甘い目にはiso1600どころか3200も十分と常用してますが(笑)、
さすがに6400だと素人目にも苦しいなぁと思いながらの撮影でした。

夜が来る直前の時間帯は魅惑的ですよね。
というわけで画質よりも撮影優先でした(笑)
ご評価頂けたこと、大変励みになりました。ありがとうございました。
  1. 2017/03/31(金) 09:56:15 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

ISOは

連コメですみません。
私も試行錯誤の連続です。キャノンフルサイズなら12800くらい平気でいきますが、OMD EM1ですと、1600からおっかなびっくり。6400は大きなモニターで見た瞬間にボツ。3200は、う〜ん許容範囲ギリ、という感じです。
ただ、そちらを気にしだすとキリがなくなるので、画像の全体バランスとの兼ね合いで判断するようにしてます。暗い画には、明るい画とは別の良さがありますから。
  1. 2017/03/31(金) 13:29:42 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

マイオさん。
連コメ、全く大歓迎です(笑) ありがとうございます。

12800!!さすがフルサイズの余裕は羨ましい限りです。
マイクロフォーサーズも6400まで安心して使えるようになったら随分と撮影範囲が広がって楽なんですが、やはりセンサーサイズからくる高感度の問題はどうしようもないですね(笑)
だったらフルサイズにする?
いえいえ私の場合、お金の問題もありますが、バイクで機材を背負子に入れて…とか、列車で…などの車以外の撮影旅も多く少しでも荷物を減らしたいのと、かねてからズイコーレンズを使いたかったのもありましてなかなかそうもいかず…苦笑

機材よりも機会、撮影や旅が出来なければ本末転倒ですので今ある機材でどうするか、乏しい感性で試行錯誤しています(笑)
  1. 2017/03/31(金) 14:13:15 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

蕪村の世界

こんにちは。

旅情あふれる、いい写真ですね。
蒼と白。色あいは違えど、与謝蕪村の「夜色桜台図」を思い出しました。
静かな雪の夜。灯りのともる家々。そこにひとつひとつの営みがある。
それを寒さにたえながらながめている旅人の自分。
まさに「夜色桜台図」の世界ですね。
列車の灯りが、静寂な世界に動きを与え、いつまでもながめていたい写真です。
マイオさんとはノイズの話で盛り上がっているようですが、むかしと比べたら、天地の差でよくなりました。
私も、ノイズ云々よりも、撮ることに意味があると思います。
もちろんノイズは少ないほうが良いのですが、写真の質とは無関係。
これからもすてきな一枚 楽しみにしています♪
  1. 2017/03/31(金) 18:42:58 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

まごべえさん、コメントありがとうございます。

夜色楼台図なんて国宝の作品とは比ぶべくもありませんが、私ごときの写真に‥と甚だ恐縮しております。

この夜の闇に包まれる直前の蒼い景色に浮かぶ人の営み。
その下にはどんな家庭があり、生活があるのだろう、どんな笑顔が溢れているのだろう…と思わせ、自分の故郷を思い馳せずにはいられませんでした。

ノイズは確かにフィルム時代や一昔前のデジタルカメラと比べればはるかに良くなりました。
それから見れば雲梯の差ですし、拘っていてもキリがなく、それよりも「ならばどう撮ろうかな」と試行錯誤していることに楽しみがあると感じています。

これからも旅情を感じて頂ける一枚を撮れるよう励みたいと思ってますので、どうぞよろしくお願い致します。





  1. 2017/03/31(金) 19:57:41 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (50)
山口線 (7)
真岡鐡道 (2)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (1)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる