笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

5月の日本一

_5063118-fc.jpg

大井川鐡道 抜里~川根温泉笹間渡    2013年5月撮影


毎年5月になると大井川鐡道が恋しくなる。
正確にいうと大井川、川根地方がといった方が正解かもしれない。
北海道に来る前まで、僕は毎年4月は甲州新府の桃、5月は大井川と行動が決まっていて
特に5月の大井川は抜里の河原で一人野宿するというのが恒例だった。
バイクにテント一式を積んで夕方前には現地に着き、暮れゆく日のもと焚火をしながら飯を炊き、
カジカガエルの鳴き声を聞きながら酒飲んで、川の流れと第一橋梁を渡る列車の音に酔っぱらう…。
別に汽車の写真なども撮らず、どこも移動せず、ただそこで一日過ごすということが最高の贅沢であり楽しみだった。


あれから十数年が経ち、2013年、久しぶりに5月の大井川にやって来た。
あちらでもこちらでも新茶摘みが忙しい。
機械摘みのブーンという音は作業されてる農家さんにとってはうるさいだろうが
でも傍で聞いていると、昼下がりのセスナ機の音に眠気を誘われるのと同じように聞こえてくる。
いつも野宿していた河原の対岸には立派な施設が出来てもう野宿は出来そうにない。
けれども新緑の山々、瑞々しい茶畑の緑は相変わらず目に眩しく、加えて大井川の広い河原と素朴な里は
言葉にならないほど平和で美しかった。

そんな景色の中をC10やC11、C56といった小型の蒸気機関車たちが往く。
この日はC11が程よい4輌の客車を牽いてやって来た。
C11は客車3~4輌ほどの編成がよく似合う。
5月とはいえ陽射しも強く煙も薄いが、いかにも普通な着飾らない姿に本来の汽車の良さ、詩がある。
蒸気機関車はなにも煙だけが全てじゃない。
それよりも、この新緑と新茶の季節美しい大井川の景色を往く汽車の姿にこそ胸を打たれる。
そう思う5月の大井川は今でも僕の中では日本一だ。

先日KATOから発売されたC11。
C56やC12ともども小さなエンドレスを走らせただけで、あの日あの時大井川で過ごした一日のことが蘇ってくるこの頃である。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/05/11(木) 09:07:06|
  2. 大井川鐵道
  3. | コメント:0
<<名残り桜 | ホーム | 恐怖との闘い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (50)
山口線 (7)
真岡鐡道 (2)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (1)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる