笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

夏至の頃

P6182054-1-10fc.jpg

石北本線 緋牛内~端野


夏至の頃になると北海道の昼は本当に長い。
今年の北見地方の夏至は日の出が3時41分、日の入りが19時11分とのことだったが
この頃の空は20時を回っても西の空はまだ薄ら明るく、街灯がひとつもなく闇夜となる自宅周辺では周囲の景色もまだ見えるほどだ。
3時頃には空は白んでくるので、空が真っ暗になっている夜の時間は6時間ほどしかなく
白夜というほど大袈裟なものではないにしろ、まごまごしているともう朝かといった感覚になる。

日が延びたといっても実際は見る場所によって太陽は山の陰に隠れてしまい、
緋牛内18時28分発の4674Dが西日を浴びて常呂川橋梁を通過するのは夏至の前後の数日に限られる。
かねてから陽が隠れる直前の景色を走る列車をと考えていたものの、勤務の都合や天気の具合、
はたまたダイヤ改正によって列車の時刻が変われば自宅周辺と限定した場合、本数の少ないローカル線で巡りあうことは難しくなる。
夏至より数日前、昨日より空気は淀んでいるけれど今年はもうこんな日は来ないかもしれない…
と土手に行ってみることにした。

時計の針を見れば緋牛内を発車した頃だ。
そろそろかな…と身構え、見れば太陽は既に山の稜線に掛かっている。
やがて橋梁に掛かる手前の踏切が鳴り、どうか間に合ってと祈るような気持ちでいるとスポットライトを浴びた名優のように列車は現れ、
真っ赤に焼けた景色の中を去っていく。
その後ろ姿を見送った直後、陽は待っていてくれたかのように山の陰にスーッと落ちていき、まるでドラマか映画の終わりを見ているようシーンだった。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/06/23(金) 01:38:57|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
<<焼けた景色に | ホーム | 一度きりの銀河>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (57)
山口線 (7)
真岡鐡道 (4)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (7)
保存鉄道 (6)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる