笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

雨の金華

P7284019-10fc.jpg

石北本線 金華信号場


昨年3月に廃止された金華駅。
その後、信号場に格下げされてから初めての訪問となった。
駅舎は保線係が使うとのことで側線も一緒に残っていた。
ただ、駅は廃止されているので窓は塞がれ、待合室にも入ることは出来なかった。
とはいえ、金華駅は北海道らしい山の中にポツンとある好きな鉄道風景のひとつであったから駅舎だけでも残ってくれたことは嬉しく思った。

金華はどういう訳か雨の日に訪れることが多い。
山に雲が垂れ込め、静けさがより感じられてなんとも言えない風情が感じられたからだろう。
駅前に数軒残る家にまるで人の気配を感じない訳でもなく、その風景に駅は似合っていた。

駅廃止後も列車はここまでやって来る。
停留所扱いの西留辺蘂は、留辺蘂~金華の閉塞区間にあるため運転取扱上折り返すことが出来ないことが理由らしい。
わざわざ金華まで来て折り返すならば客扱いをしてくれてもいいじゃないかと素人の僕は思うのだが、
利用客のほとんどいない駅のために冬の除雪や最低限の保全にかかる経費を削減したいのだろう。
駅としての役割は終えたかもしれないが、運転上必要な施設として僅かながら生きながらえたことにどこかホッとした気持ちになった。
列車が止まって息をしている光景はやはりいいものだからである。



P7284043-12fc.jpg


かつての待合室の屋根で雨宿りしながボーっとする。
今は駅舎の土台だけとなったホーム跡を歩く。
駅を囲む山の風景を眺めながら、蒸気現役時代の活気に溢れていたであろう時代に想いを馳せる。
多くの犠牲者の下に今がある哀しき歴史も忘れてはならない。

久々に金華で過ごしている内に快速きたみがやって来た。
雨音で山から降りてくる足音は消され、濡れた線路をライトで照らし静かに通過していく…。
そんな鉄道ならではの雨の風情を楽しませてくれる金華は、駅が廃止となっても健在である。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/07/29(土) 16:09:19|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
<<ヒメジョオンの咲く線路端 | ホーム | 夏の夜に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (50)
山口線 (7)
真岡鐡道 (2)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (1)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる