笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

蒸気機関車のいる風景

子供の頃に見ていた現役時代の蒸気機関車。
実家近くの大きな操車場には機関区があり、そこにはD51がゴロゴロいた。
中にはC50なんて地味な機関車もいて、一度だけその姿を目にしたことがある。
機関区には大勢の職員がいて、転車台があり、炭水車に石炭を積むガントリークレーンなる大きな設備もあった。
現役末期の蒸気機関車は煤で汚れていたが、どれも生命力に溢れており、その姿は美しかった。

家族で親戚のいる名古屋から足を延ばし奈良に旅行をした際、奈良駅構内にあった奈良機関区では関西本線の山岳重装備のD51を見ることが出来た。
いつも見ているD51とは違い、集煙装置を装備したD51は重厚たる姿で同じ形式とは思えなかったことを覚えている。
スイッチバックの中在家信号所をはじめとする関西本線の加太越えと称される峠路を奮闘する姿は見れなかったけれども、機関区で身体を休める山男が佇む光景は独特の雰囲気に包まれていた。

本線を走る蒸気機関車もいいが、機関区や構内の傍らに佇む姿もいいものだ。
そこには大勢の職員が黙々と働いていて活気に満ち、機関車に纏う蒸気に機関車の息吹と人の気配がしていた。
同じ鉄道車両でも電車や気動車、電気機関車やディーゼル機関車などではやはりこうはいかないようだ。
それだけ蒸気機関車には手間がかかるということなのだろう。
だからこそ彼らにはそれだけ物語があるのだと僕は思う。

標茶で折り返す間、火室や足回りを点検整備する人々の姿が見られた。
炭庫に登り、石炭を掻き均す人もいた。
冷たい風にさらされながらも生きている証である蒸気を纏わせ、そこに体温を感じる。
懐かしい木造の詰所の前にしばし身体を休める姿には今も昔も変わらぬ物語があった。
ああ、やっぱり蒸気機関車はいいもんだなぁ・・・。



P2142045-dfc

釧網本線 標茶駅構内 【ドラマチックトーンにて撮影】




  1. 2016/03/10(木) 22:36:10|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0
<<在来線の魅力 | ホーム | 生命の湿原>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (50)
山口線 (7)
真岡鐡道 (2)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (1)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる