FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

鉄道と製材所

P9103598-10fc.jpg

石北本線 美幌~緋牛内


北海道の森林面積は全道面積の70%、全国の森林面積でも約20%を占めるのだという。
かつては林業も盛んで、北見近郊でも留辺蘂、津別、置戸など貯木場に山のように原木が積まれた様子を古い写真から見ることが出来る。
しかし、林業衰退と共に製材所もその数を減らし町は寂れ、そればかりか津別や置戸は鉄道そのものが無くなってしまった。

鉄道が物流の主役だった頃は大抵の駅に荷物扱いがあったように思う。
工場へ引き込み線が延びていたり、貨物ホームがあって数輌の貨車が止まっていたり…なんて懐かしい光景だ。
製材所もその内のひとつで、丸太やチップを積まれた貨車などを見ているのも楽しいものだった。
林業も安い輸入材に押されて貨物輸送は鉄道からトラックに代わり、製材所と鉄道のある風景は昔と比べて大幅に見る機会が減ってしまった。
そこへいくと秩父鉄道の武州中川は駅の横に製材所があり、蒸気機関車と同時に見れる貴重な箇所だと思う。


北見から網走方面に向かって美幌の町に入る手前に小さな製材所がある。
武州中川のように駅構内に隣接するようなものではないにしろ、製材所から線路が見える風景はやはりどこか懐かしい。

道の法面にしゃがみ込み、いつしか雨も止んで青空が顔を出す。
丸太越しに軽やかに駆ける列車を眺むれば、北海道を支えた鉄道と林業の栄華を今に見ているよう…
そう見えたのは、山から切り出された木から香る優しい匂いのせいだったのかもしれない。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/09/15(金) 14:38:02|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
<<愛らしく、美しく… | ホーム | 初秋に香る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (7)
石北本線 (100)
釧網本線 (36)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (10)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (9)
廃線・保存機 (7)
駅・設備 (4)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる