FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

束の間の季節

P9263609-10fc.jpg

宗谷本線 東六線~和寒


いつだか泊まった地元の人たちで賑わう少し高台にあった古びた温泉宿。
翌朝、部屋から眺めた名寄盆地は一面朝日に輝く黄金色の風景が眼下に広がっていた。
その時から毎年この季節になると何かに誘われるように道北方面に足が向く。
タマネギやジャガイモ畑が続くオホーツク地方とは異なり、田園地帯が広がる名寄地方の風景は
どこか内地的で、でもやはり北海道らしく、その趣きは道北ならではの独特な匂いが漂っているように思える。

早くも雪虫がチラチラ舞い始めた季節。
そろそろ刈り取られる前にとまだ日も明けやらぬ早朝に家を出る。
黄色く色付きだした山に朝日が眩しかった北見国と石狩国への峠を境に風が強くなりだした。
寒気が入り、大気の状態が不安定になった前日の影響は朝になっても続いているようで晴れては曇りを繰り返す。
風は冷たく、もう少し着て来ればよかったな…と辺りを見れば
自転車で通学する学生たちもみな一枚羽織っていた光景に、遠くで冬の気配を感じた。

同じ北海道でも、オホーツク地方と比べて道北地方の冬は早い。
10月も半ばになれば峠は雪が降ってもおかしくない、もうそんな季節だ。
これから稲刈りは一気に加速し風景は一変するだろう。
そんな束の間の豊穣の景色を見ながら、名寄5時50分発の一番列車が冷たい風を切ってやって来た。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/09/27(水) 17:00:16|
  2. 宗谷本線
  3. | コメント:0
<<秋の名寄地方で | ホーム | 愛らしく、美しく…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる