FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

捧げる

子供の頃、いつも不思議に思っていた。
鉄道沿線に集まる人たちは、なんで写真なんか撮るんだろう…と。
当時はSLブームで、蒸気機関車が走る沿線には多くの人だかりが出来ていた。

一瞬で通り過ぎてしまう写真なんかより乗っていた方がいいのになぁ…
その方が大好きな蒸気機関車を長いこと見てられる…
汽笛を鳴らしてシュッシュと立てる音を聞いていられる…
煙の匂いをいつまでも嗅ぎながら列車に揺られて車窓を眺めていられる…

そんな理由からだった。
今でこそ鉄道写真なんてものを一応撮ってはいるが、時には蒸気機関車の牽く列車に乗りたいと
秩父や真岡で撮影を止めて何度か汽車に乗車した。
その汽車に子供の頃からずっと乗りたいと思っていた汽車があった。

会津の汽車…がそれだ。
小学一年生の時に母方の祖父が贈ってくれた蒸気機関車の写真集によって知り得た会津という土地への想像は新たな汽車の写真を見るにつけ、
只見・会津・日中の各路線を走るC11は日本の汽車そのものという感情を抱かせた。
それは大好きな飯山線と長野電鉄といういつも田舎に行けば乗れた贔屓路線を除けば一番興味のある路線の汽車だった。


PB085072-10fc.jpg


会津への想像は、その後「会津ほまれ」と「花春」の日本酒のCMに映し出される映像に更に掻き立てられることになる。
ほまれでは雪の里を笠と蓑を被って歩く村人と、囲炉裏を囲って酒を呑む映像に大塚文雄の歌う会津磐梯山が耳に残り、
花春では残雪の磐梯山の袂に猪苗代湖、風に揺れる桜の花びらが春の日差しに煌めく小川に散っては流れる…
なんて風景を想像した。
加えて当時放送されていた新日本紀行という番組によって、ここは日本のふるさとなのだと
子供ながらに心に来るものがあったことを覚えている。
我ながら爺臭い変な子供だったと思うが、とりわけ新日本紀行の曲が大好きで、あの拍子木の響きは
雪深い会津になんて似合うのだろうと、以来会津といえばC11、日本酒、新日本紀行と今でもこの三つが頭の中を占領する。


PB085164-1fc.jpg


会津は紅葉の名所でもある。
奥会津に赴けばまさに燃えるような紅葉となり、美しい渓谷と里の風景が車窓を流れる。
高校生の頃だったか毎年キヨスクで買っていたSLカレンダーも楽しみのひとつで、
必ずといっていいほど10月の暦は会津のC11が載っていた。
そのC11が現役の頃の会津には遂に行けず、あと5年早く生まれていれば…、
いや何であの時連れていってくれと親にせがまなかったのか…としばらく悔やんでいたものだった。


PB085175-11fc.jpg


あれから40年、そんな恋い焦がれたような思いの会津の汽車にやっと念願叶って乗れる機会を得た。
2014年11月8日、朝霧が残る会津若松駅。
切符を取ってくれた宮城の友人と再会し、汽車のゆりかごと翌日の撮影を共にする旅の始まりだ。
現役の頃とは全く違うイベント列車だが、C11と旧客3輌という出で立ちに僕の心はあの頃へと還って行った。
長い汽笛一声、若松を発車する。
ゴトンとゆっくり揺れるたび、車窓に白い蒸気が映るたび、頭を流れるほまれと花春、新日本紀行…。
もうこのまま死んでもいいと心底思える会津の汽車の温もりに、

汽車は撮るものじゃなくて乗るものだ…

と不思議がっていた子供の頃の心境になっていた。


PB085169-1fc.jpg


C11の息遣い間近のデッキに立ち、そのままトンネルに入れば途端に熱風のような煙に巻き込まれ、シンダが顔に当たる。
充満する煙に息苦しさを感じながらもそれすら愛おしい。
汽車は燃えるような紅葉の奥会津をゴトンと進む。
何度となく只見川を渡り、里を往き、あぁなんていいんだろうと涙腺が緩みそうになった。
前々日の泊まっていた宿のおばちゃんが売っていた駅弁を会津宮下で買い、その優しい味に舌鼓を打ったこと、
すっかり顔馴染みとなった機関士さんを友人が紹介してくれたこと、会津川口で折り返し最後尾の客車貫通デッキから
煙が、線路が、紅葉が、真後ろに流れていく風景も、孫を連れて汽車に乗ってたお爺さんの笑顔も、僕はどれも忘れない。


PB085184-11fc.jpg


そんな会津の汽車旅を叶えてくれた友人は、めでたいことに今日結婚する。
新たな門出を迎え、この先様々な重い荷物を牽くことになるだろう。
けれどもきっと大丈夫だ。
これからは重連、どんな坂でも越えられるはずだ。
どうか二人に幸あれと心より願う。

そしていつの日か、またこんな汽車旅をしたいものだと思う。

おめでとう!!




  1. 2017/11/03(金) 10:14:46|
  2. 只見線
  3. | コメント:6
<<秋を乗せて | ホーム | カーテンコール>>

コメント

この日、この時、この沿線でこの列車にレンズを向けその一瞬を切り取った者として、改めてその一瞬には奥深い数々の人生が、そしてドラマが凝縮されていることに気づかされました。
かつて蒸気機関車がまだ日常として生きていた頃には日常なんだから人生やドラマがあって当然、今の復活蒸機じゃイベントなんだから楽しむことが全てだなんて勝手に思い込んでいた自分が恥ずかしい限りです。

新日本紀行のオープニングテーマ
冨田勲さんのあのテーマ曲が我が心の原風景を呼び起こす曲でして、無性に聴きたくなる病を患っております(笑)
この記事を拝見し、発作が起きてしまいYouTubeで投薬しました(笑)

花春…福島県民を2年ほど経験した身、花春のTVCM大好きでした。
確かに、会津の自然も良かったのですが…
和服姿の女性が美しくて!私にはそこが大好きでした(爆)
  1. 2017/11/03(金) 23:45:19 |
  2. URL |
  3. ひぐま3号 #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひぐま3号さん、コメント下さりありがとうございます。

そうでしたか。ひぐま3号さんもこの時会津にいらしていたんですね(笑)
私も一応は現役蒸気の最末期を知っているので、復活蒸気に対して違和感を感じることは確かです。
勿論走ってくれることに感謝もしますしありがたいことだとは思うのですが、今を生きるためには現役時代との使命は違いますし
現役時代を知らない世代とはどうしても温度差が出てしまいますよね。
運行する側もそういう世代でしょうから、これからはもっと違和感を感じることになるのかなと不安な気持ちになります。
実際乗車してみてお祭りムードもありましたが、記事中にあるお孫さんを連れて乗車されていたお二人を見ていると
流れる煙を目で追いながら外を食い入るように見ている孫を見守るように、汽車に乗せてやって良かったわい…とでも言いたげな目でにこやかにしておられました。
それは40年前の(それ以上?(笑))自分を見ているようでした。
きっと自分も親にそんな目で見守られていたんだろう…と。

新日本紀行のテーマ曲っていいですよね(笑)「祭りの笛」というタイトルでしたっけ?
冨田勲さんが故郷茨城を想って作曲されてと聞いた覚えがあります。
この曲聴きたさにCDを買いましたが、テレビ版と若干違うので私もしょっちゅうYouTubeで聴いています(笑)
新日本紀行は毎週楽しみにしておりましたが、東京などの都会だとテーマ曲だけ聴いてチャンネルを変えてました(笑)
やはり田舎、それも雪国だと特にテーマ曲と合っていたように思いますがいかがでしょう。
自然と目頭が熱くなる、心揺さぶられる名曲だと私は思います。

福島に居られたこともあったんですか。
花春も、ほまれも大好きなCMでした。
今ではああいった情景を想像させられるようなCMといえば「大分むぎ焼酎二階堂」でしょうか。
花春の和服姿の女性はほんときれいでしたね(笑)
品があって色気があって、リアルタイムで見ていた時代から一目惚れしていました(爆)
今の年代となってYouTubeで見ても昔の女性とは感じさせません。
  1. 2017/11/04(土) 02:11:10 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしき汽車旅

現役であれ、復活であれ、はじめて乗った汽車旅の感動は同じもの。
この日、お爺ちゃんと一緒に乗車していたお孫さんも、会津の美しい風景と汽車の旅は、大切な宝物になったことでしょう。
蒸気にすれば、いまの時代にあった使命をはたしているということでしょうか。

私も汽車にゆられながら、汽車を撮りに行った世代。
長い汽笛に、流れゆく煙。あのころの想い出が「新日本紀行」の音楽とともによみがえってきました。
そればかりか、tsugaruさんの文章と写真を拝見しながら、久しぶりに汽車にゆられて旅がしたくなりました。
お友達も、新たな門出にふさわしいこの素敵な文章を捧げられて、きっと喜ばれていることでしょう。重連ならば、どんな坂でも越えていけますね。
お幸せに。
  1. 2017/11/04(土) 23:34:27 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

Re: 素晴らしき汽車旅

まこべえさん、コメント下さりありがとうございます。

以前、両親から聞いた話によりますと、物心つく前から汽車に乗ると流れる煙と車窓を食い入るように見ては喜んでいたようです。
恐らく初めて乗ったであろう会津の汽車。
喜ぶお孫さんとにこやかな眼差しで見ていたお爺さんの微笑ましい光景は、昔の自分の姿を今の自分が当時に戻って見ていたような気がします。
復活蒸気は現役時代の蒸気のようにはいきませんし、今後どう扱われていくのかと不安を感じることもありますが、仰るように人々の心に染み渡る何か大切なものを与えてくれる宝物…「もうひとつの使命」は変わらないのだと私も思います。

新日本紀行の音楽は心の古里に懐かしい郷愁として響きますよね(笑)
それは美しいニッポンの風景に鳴り響く蒸気の汽笛と同じような気がします。

私もまた汽車に揺られて旅がしたいです。
たまには撮影から離れのもいいですよね(笑)
そんなことを思わせてくれ、また子供の頃からの夢だった会津の汽車旅を誘って叶えてくれた友人に心から感謝です。

友人も新たな門出を迎え、未来に向けて長い汽笛を残して発車したことだと思います。
  1. 2017/11/05(日) 13:55:14 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

乗車

乗るのも撮るのもどちらもいいですね。

今回も素晴らしいエピソードをご紹介いただき、
ありがとうございます。

現役時代と復活蒸気には違和感ももちろん感じますが、
一方で心から痺れる瞬間も同様に感じております。
只見線の運行にはまだ乗車したことがないので、
そろそろ乗ってみたいものです。
  1. 2017/11/05(日) 22:10:50 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

Re: 乗車

マイオさん、コメント下さりありがとうございます。

今では乗るのも撮るのもいいですね(笑)
子供の頃は、写真なり見物なり一瞬で汽車が過ぎ去ってしまうことの方より乗っていた方が楽しかったです。
蒸気を見る機会はそれなりにあっても乗る機会となるとそうそうなかったということもあるのかもしれません。
欲を言えば撮影云々抜きに、ただ汽車に乗り途中下車してどこかへ行く、汽車はその旅の片隅に留まっていればいい…というのが理想です。でも現役時代ならともかく復活だとそうも出来ないですね(汗)(笑)

仰るように復活だからといって痺れないことはないですね。
そこに存在してくれるだけでありがたいと思いますし、先日のマイオさんやひぐま3号さんの撮影された写真のように心震わせるシーンの数々を見せてくれます(撮影のウデもあると思いますが)。

会津の汽車は子供の頃から大変興味があり、現役時のような趣きとは全く違っていたでしょうが、それでも念願が叶い今の時代における趣きがありました。
現役だろうと復活だろうと汽車だからこそ見せてくれる微笑ましい光景もありました。
私などよりずっと現役蒸気に携わっておられたマイオさんをはじめ諸先輩方は、また違った感情をお持ち頂けるのではないでしょうか。

私は…、ほんとに堪らなかったです!!(笑)
  1. 2017/11/06(月) 13:17:30 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (7)
石北本線 (100)
釧網本線 (36)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (10)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (9)
廃線・保存機 (7)
駅・設備 (4)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる