FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

初冬の境内にて



石北本線 緋牛内~美幌    


雲の切れ目から差し込む陽が、ストーブの温かさにすっかり頼り切っていた部屋を弱々しく照らす。
どうという訳ではないけれど、なぜか自然と神社に足が向いた。

既に何度か雪が降っている北見地方。
降っては融けを繰り返し、やがて本格的な冬がやって来る。
雪が降ると「来ちゃったねぇ」という言葉が挨拶代わりだ。
公園等では雪囲いも済み、農家さんは今年の締めとなるビートの収穫に忙しい。

もうそろそろ年末かぁ…
まだ少し早い気もするが、行った場所のこともあったのだろう。
山も畑も色に乏しく、人も大地も冬備えをしている光景にそんなことを思っていた。

落ち葉を踏みしめる感触が否が応でも秋が終わったことを報せれば、それは同時に冬の訪れを報せる道標のようでもある。
振り向くと前日に降った雪が残る大地を列車が走って行った。
黙々と走る彼らにも冬の厳しい仕業が待っている。

雪景色は嫌いではないし、一面雪に埋もれたら埋もれたで諦めもつくが、とにかく北海道の冬は長い。
それを楽しむこともあるにせよ、
せめてもう少し、土を直に踏める時間を与えて欲しいと願うのは人も列車も同じ思いかもしれない。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/11/11(土) 00:43:39|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
<<石北の雄 | ホーム | ご苦労さま>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (15)
石北本線 (105)
釧網本線 (37)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (11)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (9)
駅・設備 (6)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる