FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

蒸気の幻を追いかけて、まだ知らぬ景色へ、まだ知らぬ土地へ

PA274437-tfc.jpg

2014年10月 吉都線車内


列車での旅となった大畑行き。
東京からサンライズ出雲・瀬戸のノビノビ座席で居合わせた岡山の初老の方と酒を呑み、
久しぶりに夜行列車の車窓を楽しんだ。

岡山から普通列車を乗り継いで、相変わらず美しい瀬戸内の景色を眺めながら
かつてC59やC62が音戸や安芸を牽いていたなど嘘のようだと呉線経由で小倉で一泊、日豊本線を南下した。
途中キューロクやC50で賑わった行橋を過ぎ、D51が奮闘した宗太郎を越えて行く。
遥々みちのくから廃車を逃れたC61も歩みを刻んだ高鍋、佐土原、そしてライトパシフィックの里である宮崎。
蒸気最晩年に奇跡的に復活したC57牽引定期急行日南3号の足跡残る日向沓掛、田野、青井岳…。
面影が全く残らぬ行橋や大分、宮崎など当時を知る人にとっては複雑な心境だろうが、
それでも南の名場面を見せた錚々たる機関車の残り香漂う日豊本線を辿れた喜びは感無量の思いだった。

遅い昼食をと入った都城の駅舎脇にあったうどん屋で、たった一人の客でいた飲んべえ親父が
何故かプロ野球の話を持ちかけてきた。
どうやら馴染みの客らしい。
九州だからホークスファンかと思えばタイガースだという。
兄ちゃんはどこじゃと、僕は大洋時代からベイスターズだと答えて当時の選手の話で盛り上がった。
ご満悦で帰っていったオヤジさんを見送って、悪かったねぇと店のおばちゃんに
旅は情け人は心、たまにはいいもんですよと笑えば、ありがとねと礼を言われた。


都城から吉都線に乗り換える。
C55やC57が駆けた、僕の中で好きな路線群の南端に位置する列車に乗り込む時のときめきは、
初めて一人旅をした頃の興奮によく似ていた。
少ない乗客のほとんどは小林で降り、えびの飯野からは自分一人となる。

南国特有の開放的な青空の下、西日を受けた視線の先に霧島の山々が浮かんでいた。
優雅な姿で駆け抜けたであろう機関車たちの幻を追うかのように
まだ見ぬ景色に夢を持ち、まだ知らぬ土地へと冒険に出るようなワクワクとした気持ちを抱く僕を乗せ、
列車は眩い光の中を走り続けた…。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/11/29(水) 03:07:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<思い立ったが吉日 | ホーム | 遠き山に日は落ちて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://c57nichinan.blog.fc2.com/tb.php/205-bb752c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (15)
石北本線 (111)
釧網本線 (37)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (16)
上越線 (1)
秩父鉄道 (11)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (11)
駅・設備 (6)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる