FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

宵迫る峠

PC074253-10fc.jpg

石北本線 緋牛内~美幌


師走に入り、いよいよ本格的な冬の様相を帯びてきた北見地方。
この日の朝、ついに-20℃を下回った。
こうなるともう諦めがつき、寒冷地ならではの風景を楽しむしかない。
雪は結晶のまま積もり、視線を移すたびにキラキラと輝く。
ダイヤモンドダストや霧氷なども極寒の土地ならではの美しさだ。

そんな朝の風景をと家を出てみたものの場所の選択を誤り、ならばとかねてから思っていた丘に登ることにした。
実は雪が融けた頃にバイクで向かったことかあるのだが、既に自然に還りつつある道はとても走れる状態ではなかった。
かといって歩くといってもダニだらけの藪を漕いで行く度胸もなく、雪が降ってからかな…とその時を待っていた。

飲料オーライ、冬装備をして森に突入する。
雪に埋もれた雑草に足をとられ、まだ凍結していない沢を跨ぐようにあった倒木の上を恐々渡り、
平らだと思えばいきなり腰まで埋まる道なき道を進んで、息も絶え絶えようやく登った丘の上からは
短いながらも美幌と緋牛内に跨がる峠路を見ることが出来た。

午前中に登って列車を数本撮って降りようなんて思っていたが、初めて見る景色に
ここの夕暮れはどうなんだろう…と結局日没まで丘の上にいた。
日没となった冬の山地は途端に厳しさを増した冷気が身体を突き抜けていく。
冷え冷えとした色に変わっていく峠を、暗くなる前に早く下りなきゃと大雪1号が駆け抜ける。

こちらもまごまごしていられない。
完全に日が暮れるまでに丘を降りなければ薄暗くなった森の中で自分の足跡を見失うかもしれない。
同業者にお疲れさまでしたと告げて引き上げるように、丘の神さまに声を掛けて急いで降り、
車に辿り着いた頃には星が瞬き始めていた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/12/08(金) 23:11:29|
  2. 石北本線
  3. | コメント:2
<<蒼白き河 | ホーム | 思い立ったが吉日>>

コメント

u403tsugaruさん こんばんは。

撮影地まで苦労して登られた方だけが撮れるお写真ですね。
夕闇迫る山間を往く列車。さすがです~素晴らしいです。
  1. 2017/12/11(月) 00:41:34 |
  2. URL |
  3. キキ #PDFQKA4U
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

キキさん、こんにちは。
いつもご笑覧、並びにコメント頂きましてありがとうございます。

たかが丘と侮っていましたが、道なき所を登るのはちょっとしたアドベンチャー気分を味わえました(笑)
当初、一日中いるつもりはなく食料を持たずに登ったことは誤算でした(汗)

あと一本と思ったのですが、森の中で一旦足跡を見失ったので結果的にこの時丘を降りて正解でした。
あまり無理してはいけませんね(苦笑)


  1. 2017/12/11(月) 14:06:19 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (7)
石北本線 (100)
釧網本線 (36)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (10)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (9)
廃線・保存機 (7)
駅・設備 (4)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる