笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

在来線の魅力

今月26日にダイヤ改正が行われ、北海道念願だったという新幹線が開業した。
マスコミもこぞって開業前から取り上げ盛り上がっていたようだが、札幌開業まではまだ当分先の話であり、しかもオホーツク地方のような道内の外れでは少なくとも僕の周囲の反応は今ひとつである。

華々しい新幹線開業の影に在来線の大幅減便と駅廃止がある。
利用者の極端に少ない路線を維持していくのは経営する側としては当然のことなんだろうと思いつつ、一方で過疎の地域にも暮らす人々がいて公共交通機関というものを考えた時、はたしてそれが公共といえるのだろうかとも思う。
単なる生活路線としてでなく、これだけの雄大な風景を走る鉄路は資源とはならないのだろうか。

先月運行されたSL冬の湿原号。
昨年は週末となれば吹雪き運休も多かったのに比べて今年は運行日数も延長運転もなかったにもかかわらず、相次ぐ各路線のSL運行廃止と外国人観光客の増加で結構な乗車率だったと聞いた。

沿線でも遠路はるばる内地から撮影に来られた方も多数いて、この日も関西から来たという年配の方がいた。
天気は快晴で午前中までは遠く阿寒の山もくっきりと見える素晴らしい眺めだった。
生憎その日は夜勤明けで釧路入りしたために往路は撮影できず、どうにか復路まで持って欲しいと願ったが次第に雲が掛かり阿寒の山は見えなくなってしまった。

それでも・・・

湿原の中を白煙をたなびかせてやって来た蒸気機関車。
雄大な大地にしっかり足を付け、確実なテンポで一直線の路を貫いてくるその姿のなんと美しいことか。
揺れる車内から見えるだろう車窓は確実に留まる風景として乗客の目に届いているはずだ。
なにもスピードだけが全てじゃない。
これが在来線の魅力であり、汽車旅の原点でもないだろうか。

汽車はこれより釧路の街に入って行く。
街から町へ、鉄路の旅はそれぞれの土地の匂いを乗せ、しかと旅人の胸に記憶して往く。

汽車が見えなくなってやや暫く、ポォーっと乾いた汽笛が哀愁という名と共に湿原に聞こえた。



P2252268-10(2)fc.jpg

釧網本線 釧路湿原~遠矢





  1. 2016/03/31(木) 01:19:56|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:2
<<桜と古豪 | ホーム | 蒸気機関車のいる風景>>

コメント

資源

ご無沙汰しています。お元気そうでなによりです。
鐵道を資源として考えることに私も賛成です。
  1. 2016/04/18(月) 23:13:27 |
  2. URL |
  3. buzz #-
  4. [ 編集 ]

Re: 資源

> ご無沙汰しています。お元気そうでなによりです。

buzzさん。
ご無沙汰しています。
せっかくコメントを頂いたのに、ブログを放置していたため気が付かず大変申し訳ありませんでした。
某写真サイトは以前からいろいろ思うことがあり退会しましたが、buzzさんをはじめお世話になった方々にご連絡することなく退会した非礼を遅ればせながらこの場を借りてお詫び致します。

時々作品の方を拝見しております。
「光の渓谷」や中川を舞台とした「微風にのって」などが特に最近のお気に入りです。
今後も楽しみに拝見させて頂きますのでbuzzさんらしい作品を是非お見せ下さい。

ご訪問、ありがとうございました。

  1. 2016/05/02(月) 23:18:17 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (50)
山口線 (7)
真岡鐡道 (2)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (1)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる