FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

師走の空に

PC135683-f-10fc

京成電鉄金町線 柴又駅    2014年12月撮影


今年もいよいよ大詰めとなった。
年の暮れといえば、僕にとってやはりこれは外せない。

「男はつらいよ」…。
寅さんと親しまれ、かつてはお盆と年末に二作品が公開されていたが晩年は年末一本になり、
お正月映画として48作まで続いたことは承知の通りだろう。
お決まりのストーリーで喜劇を好まない人も多かろうが、僕にはこの映画に与えられた影響はかなり大きく
今でも啖呵売の口上はソラでも言えるほどだ。

女に惚れっぽく毎度のようにフラれたり、身勝手で自分が気に入らなければすぐに喧嘩が始まりプイと家を飛び出してしまう…。
もしこんな人が身内にいたら迷惑この上ない。
けれども時折見せる優しさだったり、自身が愚かな男だと恥じているからこその言葉は時として重く、
人情に厚いところもホロッとさせられる。
そして節々に出てくる日本の美しく懐かしい風景…。
そこにチラッと映る列車がまた堪らず、四季や暮らしの中を往く鉄道風景が少なからず今の自分の描く下手な絵や
写真の原点にもなり、今でもあんな風に旅がしたいなぁとしみじみ思わされている。
もし架空の自分が映画の世界にいたとして、寒い師走の北風に吹かれる寅さんは
「そこが渡世人のつれぇところよ」
と、どこを売の旅に出ているんだろう…なんて想像することもしばしばだ。

そんな寅さんの愛してやまないふるさと葛飾柴又。
妹さくらやとらやの皆を想いつつ寅さんが旅発つ柴又駅は帝釈天の参道口にある下町の駅だ。
高砂駅から複線で来た京成電車は、ここ柴又から単線となり終点の金町駅へと向かう。
跨線橋はなく下り電車利用時は構内踏切を渡る小さな駅であるが、参道口だけあってゆったりした独特な雰囲気の改札口を持ち
その空気感がスクリーンの中でも描かれてるところは鉄道好きの山田洋次監督ならではと思う。


平成29年も今日で終わり。
毎度のことながら一年があっという間に過ぎていく。
このブログも駄作続きの写真とダラダラと綴った文は恥ずかしい限りで、寅さん風に締めればこうだろうか…。

『今年も思い起こせば恥ずかしきことの数々。
今はただ、深く後悔と反省の日々を過ごしております。
末筆ながら皆さま方のご健勝とご多幸を、遠い旅の空より祈っております。』

お越し下さっただけでなく、拍手並びにコメントまで頂けたことに感謝申し上げ、今年最後の更新とさせて頂きます。
それでは、どうぞ良いお年をお迎え下さい。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/12/31(日) 00:01:00|
  2. ご挨拶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<謹賀新年 | ホーム | 駅の風情>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://c57nichinan.blog.fc2.com/tb.php/212-630622e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (7)
石北本線 (100)
釧網本線 (36)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (10)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (9)
廃線・保存機 (7)
駅・設備 (4)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる