FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

冬の華

OIP00001-1fc.jpg

石北本線 端野~緋牛内


冬、常呂川流域にある端野町は深夜から朝にかけて川霧に覆われる日が多くなる。
-18℃となった早朝、職場から端野方面を向くとまさに沈むといった方がいいほど深い霧の中だった。

引継ぎを終え、端野9時37分発の列車が北見に到着するころ帰宅途中に寄り道してみると辺りは一面霧氷となっていた。
青空となっていれば申し分ないのだが、それでも薄日に照らされた霧氷は神々しいまでのきれいさで、
寒さと除雪にウンザリする冬でもこの時ばかりは晴れやかな気持ちにさせてくれる。
快晴ならば恐らく消えていたであろう霧氷もこの日は10時を過ぎても真っ白だった。

厳しい寒さが咲かせた冬の華…。
時折枝からハラリと音もなく、最期まで輝きながら舞い落ちる霧氷の命は花のような儚さだ。
少しの風や気温の変化でもすぐに壊れてしまう繊細な冬景色を見ながら、鮮やかなマフラーと手袋をはめたような白い列車が駆け抜けた。

寒さもこれからが本番となり、約二月の間北海道は厳しくも一番美しい季節を迎えることになる。
平成最後の年、この冬は一体どのような鉄道風景を僕に見せてくれるのであろう…。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/01/09(火) 18:28:13|
  2. 石北本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まさかの地元ネタ | ホーム | 謹賀新年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://c57nichinan.blog.fc2.com/tb.php/216-36d40c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (15)
石北本線 (105)
釧網本線 (37)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (11)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (9)
駅・設備 (6)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる