FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

「おとちゃん」ですら…

P1274913-12fc.jpg

真岡鐡道 市塙~笹原田


1月23日に関東地方にもたらした大雪は未だに融けず、刈田や線路端には予想外に残っていた。

「どこで撮りましょうかねぇ…」

当初、真岡駅前では多田羅に行こうかと話していたが、既に多くの三脚が並ぶ光景にお互いに「どうもなぁ…」と気持ちが乗らず、
汽車をのんびり待てそうな…と友人と初めて会った思い出の場所へと移動する。
靴の中に容赦なく入って来る雪に構わず段取りをしていると、友人が地元のお婆さんと盛んに話をしていた。
あの山が見えない時は風が吹く、と教えられたらしい。
それから一時間もしない内に強い風が吹き始めた。
古くからその土地にいる方の言葉は的確だ。
そんな教えを授かるとまたひとつその土地のことを知り愛着が生まれ、それがなんとも嬉しく思えてくる。

それにしても関東の冬は寒い。
冬の関東を知らない北海道の方は「氷点下になっても僅かだし、そんな寒くないべ」と決まって言われるがとんでもない。
数字に表わすと確かにそうだが寒さの質が違う。
関東平野を取り巻く山脈から吹き降ろす空っ風の冷たいことと言ったらなく、
こと北関東ともなれば日光連山から寒気がそのまま雪崩れ込んでくるような感じだ。
この日の容赦なく吹き付ける寒風は頭を突き抜けていくようで、この冬初の使い捨てカイロを使うほどだった。

それでも外で汽車を待つ。
なんの変哲もない素朴な芳賀路の風景を車の中にこもって見ているなんて勿体ない。
友人とくだらぬ話をして汽車を待つ時間もまた僕には大切な時間なのだ。

市塙発車の汽笛が聞こえてくる。
いよいよだと一気に張り詰める緊張感…。
山の裾野をきれいな白煙を描いて待ちに待ったC12がやってくる。
蒸機を見ると相も変わらず全身が震えるのは生涯治らないことだろう。
山影から飛び出してきた面構えにかわいげな「おとちゃん」ヘッドマークはいささか拍子抜けしたが
それも何となく許せてしまうのは地域に溶け込んでいる真岡の汽車ならでは、と僕には思えてならない。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/01/31(水) 17:41:22|
  2. 真岡鐡道
  3. | コメント:2
<<夕日の汽車は | ホーム | 再会>>

コメント

u403tsugaruさん こんにちは。

遠征されていたのですね。
帰省にお友達との撮影、楽しまれたようですね。
1,2月に東京に行ったことがありますが
風の冷たさや暖房の暖かさだとかが、こちらと違って寒さが身に沁みました。
それ以来、冬に東京に行くのはやめました(笑)

SLが走っているのを見るとワクワクします。
ブログを始めたばかりの頃、ブロ友さんに富良野美瑛ノロッコ号の初日にSLが入ると教えて頂き、初めて走ってるSLを見ました。
そのあと、翌々年に走って富良野美瑛では走らなくなりました。
釧網線のSL冬の湿原号はいつまでも走ってほしいです。
遠いですが一度は撮りに行きたいと思ってます。

そうそう~特に自然相手にお仕事をされている方は
雲の色や流れで風を読んで天気を予想されますよね。
農家をしていたうちの母の雨予報は百発百中です(笑)

ブログは辞めましたが、時折、お邪魔させて頂きますね。
これからも鉄道写真は撮り続けていきますので
よろしくお願いいたします。



  1. 2018/02/01(木) 10:16:48 |
  2. URL |
  3. キキ #PDFQKA4U
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

キキさん、コメントありがとうございます。

一年以上帰ってなかったものですから久々にゆっくり行ってきたつもりでしたが、
実際にふる里で過ごす日々はあっという間に過ぎていきますね(笑)

関東も寒いです。気温の違いはあれど質が違いますよね。
東京在住時、北海道から越して来られた方ほど寒がっていました。
当時は北海道の方が寒いだろうに…と不思議に思っていましたが、こうして両方の土地を知るとよく分かります。

百発百中…!! それはスゴイですね(笑)
自然相手にされている方や、古くからその土地におられる方の言葉や知恵は実に的を得ていると思います。
そういった各地のものを吸収したいものです。

今年も冬の湿原に蒸気機関車が走り始めました。
毎年行く旅に「〇〇までじゃないか」と噂を耳にします。
本当にいつまでも走ってもらいたいですね。

ブログを辞められるという記事を拝見し驚いていたところです。
私は堪え性のない弱い人間なのでブログなどやらなきゃよかった、ブログも写真も辞めちまおうと思うことが多々あります。
そんな時、キキさんをはじめ、このようなブログに来て下さる方やコメント下さる方々に励まされているようで
なんとかこうして続けていられる自分がいます。
素敵な写真を拝見できなくなるかと思うと残念ですが、色々なことがお有りになって悩まれた上でのご決断でしょう。
長い間、本当にお疲れさまでした。

もしなにかの機会がありましたら写真を拝見させて下さいね(笑)
そして訪問して下さることを楽しみにお待ちしておりますので、こちらこそよろしくお願い致します。

  1. 2018/02/01(木) 22:33:37 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (15)
石北本線 (111)
釧網本線 (37)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (16)
上越線 (1)
秩父鉄道 (11)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (11)
駅・設備 (6)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる