FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

汽車が似合う人



釧網本線 標茶


汽車が似合う人は誰だろう…,ふと、そんなことを考えていた。
渥美清…、いや渥美清という人が汽車に似合うのではなくて寅さんが似合うのだろう。
もっといえば寅さんは汽車が似合うというより旅が似合う人物で、寅さんはその課程に汽車がいる…そんな感じだ。

となると、やはりこの人をおいて他にはいない高倉健。
「鉄道員(ぽっぽや)」のイメージも強いが、「駅STATION」や「遥かなる山の呼び声」も印象に残る。
「駅」では旧増毛駅が、「遥かなる…」では旧標津線の上武佐駅が登場する。
福岡県出身の健さんは不思議と北海道の風景に溶け込み、寂れたローカル列車と絡む姿がよく似合っていた。
そして雪もとても似合う人だった。
どこか影があり、背中で語る役柄から勝手にそう思っていただけなのだが、
厳しい寒さを堪えて生活を営む北国の風景が演じる健さんとどこか重なったのかもしれない。


雪降る駅を汽車が出る。
雪降る町に煙を残して汽車が去る。
北国の汽車と雪が似合う男、高倉健…。
そんなことをイメージしながら汽車の背中を見送った。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/02/15(木) 01:01:15|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0
<<冬の日常 | ホーム | 春霞の汽車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (15)
石北本線 (105)
釧網本線 (37)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (11)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (9)
駅・設備 (6)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる