FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

寒さ堪えて

P2165334-10fc.jpg

釧網本線 茅沼~塘路


蒸気機関車は煙が命だ…とはよく聞く言葉だ。
確かに煙がないと画にならないとは思うが、僕はそれほど拘りがない。
なぜなら、それも大好きな蒸気機関車の見せるひとつの表情だからだ。

蒸気機関車は人間に一番近い機械だといわれる。
人ならば、いつも歯を食いしばって力の限りを尽くしている姿が全てでなはいはずだ。
かつて蒸気機関車が当たり前にいた時代、駅の片隅や側線に憩う姿は峠に挑む凄まじい形相とは打って変わり
穏やかでのんびりした表情を浮かべていた。
峠を渾身の力で登り詰め、やれやれと坂を転がるように下る姿も
微睡むような景色をカラコロとロッドの音を立てて駆け抜けていく姿もどれも大好きな蒸気機関車の姿に変わりなく、
むしろそんなところまで煙モクモク、ドレンシューシューではこちらが疲れてしまう。
人は喜怒哀楽があるから面白く、蒸気機関車にはそれがある。
時に浮かれるように足取りは軽く、時に寂しげに汽笛を慣らし、時にコンチキショー!と煙を暴れさせ
手を振る子供たちににこやかに応える…
そんな表情があるからこそどこまでも愛おしいのだ。

強風が湿原に吹きつけ、氷結したシラルトロ湖に落とした雲の影が駆け抜ける。
滅多なことでは肩こりは起こさない性質であるが、あまりにも冷たい風に首をすくめ全身硬直したままの汽車待ち時間は
頭痛を起こすまでになるほど厳しいものだった。

汽車がコロコロ変わる光の中を静々と進む。
機関士さんによっては煙を出してくれることもあるが今日はどうやら無煙のようで、
時々シューっと吹くコンプレッサーの排気が光に浮かんでは消えていった。
確かに白煙を流してくれたらまた違っただろうが、僕はこれでよかったと思っている。
それは遮るものがない湿原をこれでもかと吹きすさぶ寒風に身を縮め、呼吸を止めて歯を食いしばり
時々「ふぅっ」と息を吐く汽車の姿は、ずっとここで汽車を待っていた僕の姿そのものだったからだ。

蒸気機関車は人間に一番近い機械…。
煙はなくても、改めてそれを実感させてくれるシーンを彼は見せてくれた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/02/22(木) 20:36:53|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0
<<申し訳なく… | ホーム | 冬の日常>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (15)
石北本線 (105)
釧網本線 (37)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (11)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (9)
駅・設備 (6)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる