FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

命の美

P2195440-10fc.jpg

釧網本線 塘路~茅沼


今年は全国的にも寒い冬だったようで北海道も例外ではなかった。
例年だと2月も半ばを過ぎると寒さも緩んで来るが、2月の北見市内の最低気温は-20℃以下となった日が13日もあった。
大概-20℃以下が2~3日続いたにしてもその前後は-15℃辺りに緩むのだが、先月は-17℃以下の日を数えると22日あり、
それが11日間連続で記録している。
我が家でも-25℃以下を三日、1月末にも-28℃まで下がり大変厳しい冬となった。

そんな寒い年にあっても自然のサイクルというのは不思議なもので、日にちを重ねるごとに山の様子が変わってきた。
黒々とした木々がなんとなく赤っぽい…どうやら芽が膨らんできたようだ。
弱々しかった日差しは明らかに力強さを増してきたとはいえ、気温が気温だけに「まだまだ冬」だと思わされる一方で
こうして変化が現れると一歩ずつ季節は進んでいるんだなぁと春への夢を見る。
雪と氷に覆われた大地に一人ポツンと身を置くと、時にこんな些細な自然の営みに嬉しさを覚えれば、
時に圧倒的な自然の前では人など束になっても敵う相手ではなく、与えられた中で生かされているのだとも実感する。
自然は素晴らしく、恐ろしく、そしてとてつもなく大きい。

間近なら見上げるような黒い鉄の塊であってもここでは小さな存在でしかない。
けれども、阿寒富士と雌阿寒岳が肩を並べて浮かぶ壮大な景色に煙を上げて貫く汽車の姿は
立ちはだかる自然に逞しく生きようとする命の美しさがあった。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/03/05(月) 15:55:08|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0
<<躍動 | ホーム | 嫌われ者>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (15)
石北本線 (111)
釧網本線 (37)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (16)
上越線 (1)
秩父鉄道 (11)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (11)
駅・設備 (6)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる