FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

別れ

P1015732-1fc.jpg

釧網本線 細岡


氷の塊となった雪と融けてぬかるんだ山の足元を、汽車は笛を吹きながら現れた。
まるで僕がここにいることを知っていたかのように大きな声で別れを言う。
思いもしなかった彼の行動に虚を衝かれ、一瞬遅れて去っていく姿に手を振った。
最後はここでと決めていた時が遂に来た。



P1015752-10fc.jpg

釧網本線 細岡~釧路湿原


木々の間を惰行する釧路川。
川面に空の色が映り込む。
人家乏しいひたすら広がる大自然。
その淵をぐるりと描くように流れる最後の煙は別れのシーンそのものだった。

プラットホームのベルが鳴る。
ポーッと発する汽車の声。
「元気で」
「さようなら」
見送り、見送られる双方の距離がだんだん遠くなる。
堪らず汽車の窓から身を乗り出して、おーい、おーいと手を振る去り往く者のように白煙がいつまでもなびいていた。


2月4日を皮切りに湿原に通った14日間。
月の半分を費やした割にはこれといったものはなく、打率の低さが目立っただけだった。
自分の技量からしてこんなものだろう。
こうすれば良かったと尽きぬ後悔ばかりとはいえ、それでも当初の目的通り、可能な限り汽車を眼に胸に刻めたように思う。
実はシーズン中頃、山を下りる途中にコケて使用しているカメラの背面液晶を壊してしまった。
幸い撮影することは出来たので一先ず修理は出さず、無事に運行最終日まで持ってくれた。

汽車はまた新たな出会いも与えてくれた。
前回も少し触れたが、ここを通じて知り合ったひぐま3号さん、マイオさん、ネコさんのお三方とご挨拶させて頂く機会を得、
鉄とは無縁と思っていた友人の思いもよらぬ蒸機への反応もそのひとつである。
この日の午前中も家族で蒸気を堪能したとの報を受け喜ばしい限りだ。
だが、現在JR北海道の抱える状況下で最終日を迎えるというのは一層の不安と寂しさが込み上げた。
今は来年以降の蒸気運行と路線存続を信じるばかりだが、あまりの脱力感にしばらく湿原から離れることが出来ないでいた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/03/14(水) 04:15:08|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:4
<<空に誘われて | ホーム | 募る寂しさ>>

コメント

一期一会

純粋に財政状況を考えれば、JR北がSLを保有し続けた
ことだけで奇跡みたいなものかも知れません。
1年のうちほんの2か月程度しか運行せず、旅客収入から
すれば絶対にペイするわけがなく、東京・釧路の航空会社
と釧路のホテルを儲けさせてやっているばかりだと
思います。
せめて、あれをすれば、これをすれば、と色々と頭に
浮かびますが、おそらく鉄道屋さんは安全運行で
無我夢中なのでしょうね。
残念な気持ちと、鉄道屋らしさに誇らしい気持ちと、
その両方です。また来年も走ってほしいですね!
  1. 2018/03/14(水) 23:04:17 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

14日間の釧網詣…流石、ジモティーと羨ましい限りです。
かつて、自分が道産子時代だった頃C62ニセコ号に対して同じ様に出向いた事があり内地の友人らに羨ましがられたものでしたので、これで行って帰ってでしょうね(笑)

さて、湿原号の先行きは不透明ですね。
罐を走らすには経営の三資源、人、物、金が無きゃ無理ってことで、今一番問題なのが「運転する技術、保守する技術を有する人」が定年やら途中退職やらで居なくなりつつあること(これが一番の存続障害って話も聞こえて来ます)。
普通の企業であれば組織的に人材の育成ってこともあるのですが、今や普通では無くなった企業ですので技術継承の企業風土を捨ててしまいました。
おまけに「安全最優先」と言う御旗で会社の体質を鉄道屋から一企業へ変えようと乗り込んだ方により、身の丈にあった施作への転換(要は合理主義化ね)がなされたことで運行はもとより路線の存続すら危ういってことですので、北の鉄路に浪漫を求めるのは叶わぬこととなりそうな方向です。
もっとも鉄道ファンの為に鉄道会社がある訳でもなく、地域社会のためと言う存在意義も時の流れと文明の進化で薄れた現在(いま)、J北が一企業として、そこで働く従業員やその家族の幸せを提供しなければならないことと、利用者の安心安全を確実に担保せねばならぬことを考えると色んな意味で現実を受け入れる時が来た様に思えますね。
とは言いつつ、好きなものは好きってことで希望や夢として来年もまた走って欲しいものですね。
新たな出会い…こちらも感謝の気持ちでいっぱいです。鬼が笑うかも知れませんが、来年も走ったら皆で一緒に鉄談義しながら湿原号を迎えましょう!
  1. 2018/03/15(木) 08:36:10 |
  2. URL |
  3. ひぐま3号 #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

Re: 一期一会

マイオさん、コメントありがとうございます。

蒸機を保有し続けることに加えて運行することは更にお金もかかりますからね。
朝ドラの「すずらん」で真岡鐡道からC12を借り入れ、その反響にC623よりもC11ならば経費はかからず儲かると踏んだのか
それとも一時の流行で復活させたのかは分かりませんが、いずれにしても下手だと思います。
それにしてもここまで続けたのは確かに奇跡かもしれませんね。
安全最優先は鉄道屋としてはもっともなことで、蒸機運行ならびに単独維持困難路線の廃止というのも
今のJR北の状況からして仕方のないことだとは思います。
ただ、そんな状況下で果たして利益が出るのか不透明な新幹線の札幌延伸など本当に必要なのかなとも思います。
青函トンネルの維持だけでも莫大な赤字を抱え、新幹線利用率は早くも下降。
その代償分として(というだけではないでしょうが)本線筋も含めた廃止論は地元としてはとんだとばっちりだという
声も上がっています。
津軽鉄道やいすみ鉄道などの地方鉄道、民間企業などからも得るものもあるでしょうし
道や国などのお堅い組織だけでなく様々な方面からの声も取り入れて少しでもいい方向に向かってもらいたいものです。

  1. 2018/03/15(木) 22:47:58 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひぐま3号さん、コメントありがとうございます。

下手な鉄砲…じゃありませんが、数行けば一度くらいまぐれはあるだろうと思ったのは甘かったですね(笑)
シフト勤務で夜出が多いことをこれ幸いに行きましたが惨敗続きでした^^;
しかし羨ましいといえばそうでもなく、私にしてみれば大井川や真岡など通年運行の路線もあれば
秩父も上越も磐西もあって、蒸機なくても魅力あるローカル線が北海道以上ある本州各地が羨ましくてなりません。

今後の湿原号はどうなるのか本当に気になりますね。
安全最優先は鉄道屋としては当然のものですし、一番力を入れてもらわないとならないものだとは思います。
ただ、その旗印の下で何でも合理主義に擦りかえられてるような気がしないでもありません。
鉄道会社とて慈善事業でやっている訳でなく利益を出さなければならないのはもっともですが、公共交通機関ということも忘れてはならないものだと思います。
そのために蒸気運行まで手が回らないと言われればそれも受け入れなければならないものでしょう。
しかしその一方で、膨大な経費のかかる新幹線札幌延伸は今本当に無理してでも必要なことなのかなとも思います。
青函トンネルひとつにしても開通から30年、維持だけにとどまらず更なる高速化も求められています。
札幌を中心としたそれらのことに、はたして公共性というのはあるのか疑問です。
不便を倍加させ廃止ありきとしか受け取れないダイヤ、地方路線にまで手が回らないから廃止したいというのはとんだとばっちりで、足元を固めず一方だけ力を入れてもその先はないものと私は思っています。

まぁそれはそれとして、あくまで夢や希望という一点においては来年以降も走ってもらいたいですね。
その時、また皆さんとお会いし鉄談義できることを心待ちにしております。

  1. 2018/03/15(木) 23:29:26 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (15)
石北本線 (111)
釧網本線 (37)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (16)
上越線 (1)
秩父鉄道 (11)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (11)
駅・設備 (6)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる