FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

風は南から 

P3255526-12fc.jpg

真岡鐡道 寺内~真岡


2月は客車の検査で運休となった真岡の汽車。
3月からは通常客車3輛のところを2輛編成で運転するという。

C11は検査入場中のためカマはC12になる。なんという心揺れる編成だろう。
小さな田舎機関車に客車2輛のミニ編成…。
湿原の蒸機運行終了と共に襲われた脱力感を未だ引きずる心境にはあまりにも毒である。
どうする???と悶絶するところへ追い討ちをかけるように東京で桜が開花した。

桜も見たければ汽車にも会いたい。
あわよくば真岡でも桜が見られるかもしれない…。

シフトを見ればちょうど土曜夜勤明け、日曜休み、月曜夜勤となっている。
風は南から吹いて来た。
遠くで汽笛がおいでよと呼んでいる。
思い立ったが吉日、その風の匂いがする方角へと気流に乗っかった。

東京で満開宣言がなされた桜も北関東には届かず、梅の花が満開だった。
いかにもC12らしい編成に桜のシーンを重ねることは叶えられないが、せめて早春らしい風景を求めて定番の八木岡地区を訪れた。
高き青空に陽は暖かく、緑浅い野辺を優しく照らす。
塚の古墓は先祖のものか、それともこの土地縁なき流れて来た者の墓なのか。
古の頃から眠っているであろう御霊を祀るように、まだ水が張られる前の田圃の畦や小道にホトケノザが咲いていた。

素朴な日本の風景に、田舎っぺ機関車のC12が2輛ばかりの客車を牽いて一生懸命駆け抜ける。
その様は早春の草花と相まってどこまでも愛らしく、塚の御霊もにこやかに見送っているようなほのぼのとした光景だった。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/03/30(金) 05:53:55|
  2. 真岡鐡道
  3. | コメント:0
<<茶の間に流れた汽車の音 | ホーム | 故郷(ふるさと)の桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (7)
石北本線 (100)
釧網本線 (36)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (10)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (9)
廃線・保存機 (7)
駅・設備 (4)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる