FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

国鉄の残影・後編

P4185486-10fc.jpg


ガラリと扉が開いて、駅長さんがフライキを持って本屋から出てくる。
信号機のテコを倒して腕木がガタンと音を立てて下がった。

下り場内、進行よし!



早春の日差しに微睡んで…


P4185448-10fc.jpg


トラ70000、ハワム80000、ワフ29500…
ローカル貨物が主をまだかまだかと待っている。

キューロクよ、早くやっておいで・・・。


P4185457-10fc.jpg

旧国鉄相生線 北見相生駅


けれども二度と汽車は来ることはない。

まるで路線が生きてるように見えたのは、薪が積まれた生活感のある駅に貨車が停まっていたからか。


ここは阿寒の麓の終端駅。
いつか釧路に繋がる夢破れ、来るはずもないキューロクを今も赤い涙を流して貨物列車が待っていた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/04/25(水) 18:01:23|
  2. 廃線・保存機
  3. | コメント:2
<<霧に発つ | ホーム | 国鉄の残影・前編>>

コメント

この駅舎、確か道の駅に隣接してカフェになっていたような…(記憶が曖昧)
そう言えばキハ22も数年前までは手入れが行き届きエンジンもかけたりしていたはずですが、今やすっかり赤い涙を流し佇んで居るのですね。
国鉄末期に廃止された道内のローカル線、旧駅舎や構内跡が鉄道公園や記念館のように残され、この北見相生同様に気動車や貨車除雪車などを保存したものでした。
しかしながら30年からの歳月は朽ち果ての時となりその多くは解体撤去されるなどして思い出も泡沫の夢と消え去ってしまっています。
建物や車両の維持保守、敷地内の管理など寂れつつある自治体では予算も人手もままならぬ状態で負のスパイラルからは抜け出せないのが気がかりです。
この北見相生が道の駅による集客を通じて旧広尾線の愛国幸福駅のように観光メッカにでもなってずっと存続して欲しいものです。
そうそう、旧池北線、ふるさと銀河線の本別駅にあった木造跨線橋が保存されその内部展示などに私の撮った写真が使われています。機会があれば訪れてみて下さい。
  1. 2018/04/27(金) 21:04:11 |
  2. URL |
  3. ひぐま3号 #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひぐま3号さん、コメントありがとうございます。

構内跡と共に満足に保存されてる箇所といったら、今やほとんどないかもしれませんね。
昨年末に卯原内のキューロクを見に行った時も痛みが激しくかわいそうなほどでした。
一度整備されてもまた後はほっとかれ、かといって自治体だけで管理するのも難しく、ここもいずれ解体されてしまうかもしれません。
ただ駅舎と夏季にライダーハウスとして利用される旧型客車だけは手入れも行き届き、管理されてる方もちょうどいらっしゃいました。
カフェは冬まではやっていたようですが今は営業しておらず、作業されてたこともあってお話を伺うのは遠慮しました。
道の駅と併設していながら管理は別々なのか詳しいことは知りませんが、赤錆た車輌たちを見るにつけ残念な思いがします。

本別駅ですか。それは見に行かねばなりません(笑)
これからいい季節になりますからぜひ訪ねてみることにします。


  1. 2018/04/28(土) 16:34:52 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (15)
石北本線 (105)
釧網本線 (37)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (11)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (9)
駅・設備 (6)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる