FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

憧れの機関士体験・後編

P5125566-1-10fc.jpg

三笠鉄道村(サイドタンクの文字は鉄原コークスとの契約上消せないとのこと)


今回講習を受けたのは僕と合わせて二人。
もう一人は札幌の方で、蒸機マニアでも鉄ちゃんでもなく、本州から3人友人が運転しに来るので
それじゃあ自分も…ということの受講であった。
そのご友人には若桜鉄道で圧縮空気で動かすC12の運転体験をされてる方もいたが
所詮は空気、コンプレッサーの音も煩く、やはり三笠は本物感が違うと何度か来られているようだった。

一緒に講習を受けた方もひどく感動しており、最近の、何でもスイッチポンで動き、人間の補正を機械が制御するものとは違い
デジタルなんかちゃんちゃらおかしい、アナログは偉大だと相当に興奮されていた。

そんな話を聞いていて、ふと思い出したドラえもん。
22世紀に行ったのび太が未来のジャイアンやスネ夫、しずかちゃんの通う学校へ行く。
簡単な計算をコンピューターでしか解けない未来の三人に対して、のび太は紙とペンと指を数えて計算する。
それを見た三人はのび太を天才だと驚く。
近い将来、人は車の運転とて忘れるかもしれない。
無理も融通も利かずプログラム通りに事を進める無機質なものに支配されつつある世の中は、一体どこに向かうのだろう。
蒸気機関車の運転は、それとは全く対照的だった。



P5125641-1fc.jpg


途中営業運転を挟み、僕は都合3回乗車した。
受付で会計した後、本職の機関士さんが運転する機関車は初心者の僕が運転した時の表情とは明らかに違っていた。
ドラフト音は高らかに歯切れよく、スムーズで無駄のない加速と減速、停止。
教えて頂いたN機関士の他に幌内線でキューロクに乗務されてた方もいて、さすがと言わざるを得ない運転だ。

幌内の山間に涙しそうな五色の汽笛が木霊する。
構内運転でありながらも蒸機ならではの後ろ姿の郷愁感…。
全ては人間が操作し、経験と修練によってその日の機関車の状態から適切な措置をとる。
季節、天候、牽引する重量、同じものひとつとない条件に対応できる人もまた偉大だ。

人が手間をかけ、人の血が通う鉄の塊が蒸気機関車であり、そこに様々な感動を呼び郷愁が生まれる…
ホンの少しだけ加減弁ハンドルを握り、直に触れた黒鉄の肌から垣間見えた、僕には貴重な体験運転であった。


尚、前編のキャブ内における運転風景は機関士の方のご厚意により撮影して頂いた。
この場をお借りして、改めて感謝致します。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/05/16(水) 08:03:19|
  2. 保存鉄道
  3. | コメント:2
<<両毛線こそC50 | ホーム | 憧れの機関士体験・前編>>

コメント

やりたい!

やはり本物の機関車の運転は難しそうですね。
それでも自分の手で機関車が動き出す瞬間は、超感動ものでしょう。
いつか私も、かつてキューロクを追いかけた思いでの土地で、S-304号を動かしてみたいと思っています。
u403tsugaruさんも、こうなったら主任機関士をめざして頑張ってください♪


  1. 2018/05/16(水) 21:08:28 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

Re: やりたい!

まこべえさん、コメントありがとうございます。

主任機関士…なかなか道程は遠いですね(笑)

大宮の鉄博でD51のシュミレーションを経験していればまだ余裕はあったのでしょうが、それも未経験でしたので余計に緊張しました(笑)

仰るように機関車が動き出した瞬間は、もうこの世に未練はないと思うほど、表現できないくらい感動しました(笑)

実際に線路の上を走らせていると緊張感も半端なく、操作にも追われ、初回は何がなんだか分からない内に終わってしまいました。
一息ついた3回目の乗車となると少し落ち着き、キャブから乗り出した視界に迫る風景と風を受けながら「機関車を走らせているぞ」という実感を多少なりとも噛み締められました。
まぁ、私などの初心者では「走らせている」というより「機関車が動いてくれている」といった方が正解でしょう(笑)


文中にも添えましたが、幌内線でキューロクを運転されてた機関士さんもいらっしゃいます。
もしかしたら、まこべえさんがキューロクを追いかけられた時の機関士さんかもしれませんね。
ぜひぜひS-304号を運転しにいらして下さい。本当に感激しますよ!!

  1. 2018/05/17(木) 13:58:06 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (7)
石北本線 (100)
釧網本線 (36)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (8)
真岡鐡道 (15)
上越線 (1)
秩父鉄道 (10)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (9)
廃線・保存機 (7)
駅・設備 (4)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる