FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

夜行回想

YouTubeでブルートレインさくらを観ていた。
思えば最後に夜行寝台に乗車したのは4年前のサンライズ出雲瀬戸で、ブルートレインでは北斗星が最後となる。

いつかは乗りたいと川崎駅周辺でブルートレインを眺めていた少年時代。
ヘッドマークも誇らしく、闇夜に流れる流星の如く行先表示幕を光らせ、
次々と南へ旅立っていく様子に堪らぬ旅情を感じ、まだ見ぬ土地へ思いを馳せていた。
その後、願いが叶って初めて乗ったブルートレインははやぶさだった。
機関車の重厚感と寝台客車に乗る時の高揚感は今ではもう味わうことは出来ないが、帰りを急ぐ通勤客を横目に
おれはこれから旅に出るのだと、列車を待つプラットホームの雰囲気は一種独特なものがあったように思う。

車内アナウンスで聞く遠くの駅名も地図やテレビで見聞きするものとは違い
今、自分が乗っている列車がそこまで行くのだというリアル感が押し寄せた。
見馴れた夜の街の風景すら違ったものに見えた夜行寝台の車窓は、早朝の霞んだ瀬戸内の海に浮かぶ島々を
一際美しい風景へと映し出し、長い時間をかけて遠くへ来たんだなぁと沁々した思いで眺めさせてくれるものだった。

通称「大垣夜行」と呼ばれていた普通列車にもよく乗った。
確か平塚以遠の最終列車だったか、それ故通勤客も多く、
それでも165系や169系の急行型車輌と唸るMT54のモーター音に酔いしれながら深夜の東海道を南下した。
日本の大動脈である東海道本線といえど車窓は暗く、時々町の灯りがポツンポツンと流れていく。
夜汽車という響きも手伝ってジーンと込み上げたあの感情、あの光景…
動画を観ていて、当時の雰囲気に少しでも近付きたくなり遠軽に向かった。



PA035509-1fc.jpg

遠軽発19時38分、白滝行き4622Dという列車がある。これが白滝方面の最終列車だ。
途中、瀬戸瀬、丸瀬布と僅か二駅だけの38.6キロを50分かけ、さぁ旅立ちの時。



PA035520-2tfc

車内はガラガラ、他に二人の乗客を乗せて発車した。
平行する国道を車で走るとさほど気にしないが、暗い夜道に轟くエンジン音はダラダラと登り坂が続いていることを報せてくれる。



PA035531-1fc.jpg

本来なら、針金の取手に湯呑み代わりのキャップのお茶(最近まで知らなかったがポリ茶瓶というらしい)と冷凍ミカンといきたいところ。

暗闇の車窓に町の灯りが流れていく…。
頬杖つきながら、なぜか涙が込み上げたあの時の夜汽車の光景が甦った。



P9275500-1fc.jpg

折り返す白滝で、網走行きオホーツク3号が先に発車する。
かつて日本のどこかで、夜の駅に見られた夜行の追い抜きを懐かしく思いながら



PSX_20181004_145748-01fc.jpg

20時37分、遠軽へと走り出した。

この時間に山から降りてくる乗客などいないだろう列車は僕一人を乗せ、往路とは見違えるほど軽やかに瀬戸瀬に滑り込んだ。
残す行程もあと僅か、夜の旅路が間もなく終わる。
思わず窓を開けた車内には、すっかり冷たくなった秋の夜風とキハ40のエンジン音が流れ込んで来た。
この音もいつか聞かれなくなるのだろう。
揺られることも出来なくなるのだろう。
あの時旅した夜行列車たちのように…。

21時23分遠軽着。
短い行路だったけれども、時にはこんな列車で夜汽車の雰囲気を追ってみるのも悪くない。
蒸気機関車無き後に様々な感情を与えてくれた夜行列車。
いつかまた、今や唯一の定期夜行となったサンライズにでも乗って南へ行ってみたい…。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/07(日) 02:02:40|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
<<赤熊 | ホーム | ハレコズクルカゲ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (5)
宗谷本線 (15)
石北本線 (111)
釧網本線 (37)
根室本線 (1)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (16)
上越線 (1)
秩父鉄道 (11)
高島線 (1)
大井川鐵道 (3)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (11)
駅・設備 (6)
雑記 (2)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる