笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

もうすぐ夏がやって来る

もうすぐ、暑い夏がやって来る。
夏といえばなんといっても高い青空と入道雲、やかましいほどの蝉時雨だろうか。
幼少から社会人になるまで必ず訪れていた母方の故郷長野県北信地方。
爽やかなイメージのある信州だが盆地故に日中はとにかく暑い。
それでも青々とした田んぼや近くを流れていた千曲川、そこに流れ込む小川のせせらぎに涼を感じ
ギラギラとした強い陽差しの下、汗でビショビショになりながらも一日中網を持ってリンゴ畑で蝉などの虫取りに夢中になっていた。

朝、やたら広い古い農家の部屋で目覚めれば早速外に出て池の鯉に餌をやる。
庭先に咲くアサガオや色鮮やかなマツバボタンをしきりに眺め、土と山の匂いを胸いっぱいに嗅ぐ。
子供ながらにそれら田舎の匂いが大好きだった。
昼飯後は必ず一家で昼寝をし、もどかしく思いながらも部屋に流れ込む涼しい山の風にいつしか眠りに入る。
午後の陽射しは少し赤味を帯びて向日葵やタチアオイに照りつける、その独特な色合いに子供ながらに感じるものがあった。
振り返れば裏を走る長野電鉄木島線の短い電車がコトン・・コトン・・と通り過ぎ、千曲の対岸に時折り流れる飯山線の汽車の煙。
それらがすべてシンクロして、僕の心に夏の匂いとして焼き付いている。


秩父鉄道。
復活蒸気が走る路線としては正直一番嫌いな路線だった。
当時自宅から一番近い蒸気運行路線だったが、当初テンダーに派手なロゴが描かれていたことと電化区間、
それもやたらとケーブルが目障りだったことに加え、石灰の採掘が盛んな地方らしくどこか埃っぽい気がして好きになれずにいた。
ひとたび線路を離れれば、これほどのどかで旅情を感じる風景があるのにどうして線路がここにはないのだと歯がゆくなる沿線風景も好きになれない理由のひとつでもあった。
せめてもの救いに客車は4輌の旧型客車で地味なC58に似合う編成美だったため、秩父へは時々蒸気の牽く旧客の乗り心地を楽しみに行くという程度だった。
北海道に居を移し、仕事の都合で東京に数年戻った際には旧客はおろか沿線は住宅も増え、煙にそれほど拘りのない僕でも不満を感じるほどの陽炎煙。
ただでさえ写真のセンスがないのを棚に上げ、気が向いて秩父を訪れても駄作を量産するばかりであった。

ある夏の秩父。
あまりの暑さに耐えかねて撮影を終えてからしばし山奥の木々が覆い茂る渓流の脇で休んでいた。
聞こえてくる川の音は涼しげで、蝉の声は心地よい音楽のように思えた。
いつの間にか寝てしまい、目が覚めると子供たちの声。
服のまま川に入り網を持って夢中で魚を追いかけている。
その光景が信州で過ごしたあの夏の日々と同じ匂いがした。
空にはもくもくとした入道雲、焼けた草の匂い、そして夢中で遊ぶ子供たち。
ああ、なんだ、ここにはこんな懐かしい夏の匂いがあったんだ…とそれに気付いてから秩父が大好きになった。
あの頃の僕にとっての原風景と同じ匂いがそこには流れていた。



P7121372-7-20fc.jpg


もうすぐ暑い夏がやって来る。
川の流れる水の色、木々や山と土の匂い、花の匂い。
ガタンガタンと里を走る電車の音、山に川に轟く蒸気機関車の笛の音・・・。

嫌いだった秩父が思い出させてくれたあの暑い夏。
今しみじみと秩父を走る汽車とその夏に、遠く想いを馳せている。




  1. 2016/06/27(月) 00:16:01|
  2. 秩父鉄道
  3. | コメント:0
<<茜に染まる頃 | ホーム | 白日夢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (57)
山口線 (7)
真岡鐡道 (4)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (7)
保存鉄道 (6)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる