FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

鉄路、遥か



釧網本線 止別~知床斜里


北見市内に風景写真を撮られる年配の方がいらっしゃる。
大きなコンテストで入賞常連の実力者でもあり、いつだか地方版に載っていた。
その方が仰るには、いい写真を撮るためには機材より機会だという。
僕なんかがエラそうに言える立場ではないが、それだけではいい写真は撮れないにしてもごもっともな意見だと思う。


数年前からCanonのAPS-C機を使って写真に凝り出した友人が、このほど念願の白レンズ(EF70-300)を購入した。
さすがにⅡは手が出なかった…と本人は言うが、僕はそれでいいと思う。
最新の機材で少しでもきれいに撮りたい…と思うのは誰でも抱く人情だとしても
それぞれの家庭事情があれば、そこまで必要と思わない人もいる。
写真だけが趣味じゃない人もいるわけで、彼も多趣味で養う家族もいるから全てを機材に回す余裕はないだろう。

僕にしたって恥ずかしながらお世辞にも高収入という身分でないながら、
その中でバイク2台を持ち、維持費や走りに行くための資金が要り
細々と模型の趣味もやり繰りしながらだから機材にばかり金を掛けていられない。
それに、高くていいものを揃えたにしても、性能を活かす技術や写真の目を養うことも必要だろうし
そもそも撮影に行く資金がなければ本末転倒だと思うのだ。
だからⅡのレンズに手が出なかったっていいじゃないか。
それよりも、よくも高いレンズを買いやがったなぁと冷やかしながら、購入に喜ぶ彼と分かち合いたい。

せっかく300mmもあるんだからそれを活かそうじゃないか…そんな話から出た撮影行。
その代わり鉄だぞ!と念を押し、頭に浮かんだのが止別ストレートだった。
その割りには何だか平凡で撮り方が分からない。
雪があればもっとテンションも上がるのだろうがどうもパッとせず…
オホーツク海も知床連山も無視、遥か先まで真っ直ぐ貫く線路だけに的を絞って半ば焼けっぱちである。
こんなことならわさわざここまで来ることもなかったろうにと、経験値の無さ、引き出しの無さを痛感した次第だ。

機材より機会、機材より目、機材の性能より自身の性能を上げることが先決…
そう思いながらいたずらに年月だけが経っていく始末である。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/11/12(月) 19:13:40|
  2. 釧網本線
  3. | コメント:0
<<暖色に憩う | ホーム | 紅時の大雪1号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる