FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

職人

PB183893-10fc.jpg

石北本線 北見    2017年11月撮影


操車係が犬走りに設置されたテレスピを踏む。

信号所 「はい、信号」
操車係 「3727列車、下り本線から引上線」
信号所 「3727列車、下り本線から引上線、承知」

そんなやり取りが聞こえた貨物駅構内。
列車を牽いてきた機関車はとっくに切り離され、代わりに入換機関車が列車最後部に連結される。
操車係の誘導で引上線に着いた列車は、そこから行き先別に細かく分けられる。

再びテレスピを踏む。
「はい、信号」
「引上線よりトーフタ番」
「トーフタ番、承知」

操車係が信号場に伝えると12番線へと転轍機が切り替えられ進路が開通する。
鉄道や航空、自衛隊など機関によって言い方はあるだろうが
大概聞き間違い等を防ぐ意味で「1」を「ヒト」、「2」を「フタ」などと言っているようだ。

操車係が緑のフライキを勢いよく振ると、列車後部の機関車が急加速で押す。
頃合いを見計らって「切り屋」と呼ばれる連結係が解放テコを持ち上げ、操車係は赤のフライキをサッと出した。
列車は急制動し、切り離された貨車が惰性で転がっていく。
所謂、突放というやつである。
転がっていった貨車には切り屋とは別の連結係が車輌脇のステップにぶら下がり
足踏み式やハンドル式のブレーキを操作しながら次に待ち構えている連結係に渡す。
渡すといっても惰性で走っている貨車を止めてしまうわけにはいかないから、係員は飛び降り飛び乗りをしていく。
受け渡す方も受け取る側も、手信号を交えつつ「トーフタ!!」と大声で復唱しながらの作業だ。

4番線、8番線、5番線、10番線…
まるで嫌がらせのように広角に次々と突放されてくる貨車群。
連結係は一面バラストの構内を全速力で駆け回り、各自持ち回りをテキパキとこなしていく。
その鮮やかな一連の動き…。
高島で、新興で、ハンプのあった新鶴見操車場でも
そんな光景を「かっこいいなぁ…」と憧れの眼差しで眺めていた少年時代。

今は、突放は危険とのことで禁止されてる所が多いと聞く。
遅いとはいえ何トンもある貨車が数輌繋がって走っているところに飛び乗り降りをするわけだから
転落などしようものなら車輌に巻き込まれ胴体は真っ二つである。
北見駅でもコンテナ列車の入換・組成作業が行われていたが、
ここも突放ではなく、別の機関車が連結された「押し込み」であった。

安全第一であるから今の姿が当たり前と頭で理解はしても、あの頃の職人技が見れなくなったのは
少し残念というか寂しいような、複雑な気持ちで作業を見ていた。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/11/19(月) 14:33:06|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
<<魔法 | ホーム | 落日の舞>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる