笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

76%

その昔、バイクで北海道を旅する際、限られた休みを有効に使いたくて羽田から千歳まで飛行機で往復したことがある。
内陸を走りフェリーで行くより圧倒的に早く時間を有効的に使えたが、なんて面白くない旅なんだろうと後悔した。
東京から北海道は遠い。
遠い所は遠いのだ。時間が掛かって当たり前なのだ。
その行程が長ければ長いほど道中いろんなことに出会い、旅が楽しくなるのだ。

北海道新幹線が札幌まで延伸した場合、トンネルの割合は76%なのだという。
ようやく北海道に上陸したと、その車窓を眺めようと思ってもほとんどがトンネルではそれどころではないようだ。

これでは地下鉄新幹線ではないか。
ほんと、ただ早く着くためのものなんだなぁ、車窓すら見れない旅なんて旅と言えるのだろうかと疑問に思ってしまった。
旅の仕方なんて人それぞれとはいえ、せっかく訪れた土地の景色も空気も感じずに、ただスピードと時間の旅はなんとも味気ないと思うのは古いアナログ世代の人間だからであろうか。

新幹線で時間を有効に使う…確かに。
とはいえ…なのだ。
僕の中ではどうしても納得出来ないものがそこにある。
地中を走りその土地の空気感も感じないものはいかがなものか。
やはり僕には在来線の方が性に合ってるようだ。
出来ることならかつての長距離鈍行や急行列車での旅が望みだが、全滅してしまった今日では叶うことはない。
それでも、流れる車窓を見て往く在来線が僕にはなんとも魅力的なのである。



P7032369-2(2)fc.jpg

石北本線 端野~緋牛内




  1. 2016/07/07(木) 01:53:52|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
<<落日の行路 | ホーム | 茜に染まる頃>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (50)
山口線 (7)
真岡鐡道 (2)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (1)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる