FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

燃ゆる馬主来

P2240165-1-11fc.jpg

根室本線 古瀬~音別


大地を揺らし鼓膜に轟く重低音…
砂浜を叩き付ける波の音は怖いほどだった。
丘の上に立つ身を突き刺し、脳の温度さえ奪う強い風は波飛沫を内陸まで運ぶ。

真っ赤に焼けた海岸線、荒涼たる大地、そこを縫うようにへばり付き走る列車…。
どうだ、すげぇだろ!と言わんばかりの、厳しい北国の自然が見せてくれた絶景。
北海道の鉄路はこんなにも凄い景色の中を走っているんだと思うと、
この地に暮らす一人として何か誇らしい気持ちが込み上げて来た。






馬主来…パシクルと読むこの地にやっと訪れることが出来た。
残雪に足をとられ丘を登って来られる人影ひとつ。
寒さで顔も強ばり、ろくに口も回らぬまま声を掛けると、川崎大師付近に住まれている同郷の方だった。
原野にただ一人ポツンと待つ北の広い大地の片隅で出会う不思議さ。
旅をしていると、それが汽車旅であれ、バイクや車の旅であれ、撮影旅であれ、時としてこういうことがある。
大概が連絡先を交換する訳でもなく、またどこかで…と笑みを交わして背を向ける。
もしかしたら撮影なんて口実で、その哀愁漂う人の後ろ姿に巡り合いたくて旅に出るのかもしれない。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/03/02(土) 01:57:55|
  2. 根室本線
  3. | コメント:2
<<団欒 | ホーム | 春霞>>

コメント

おおっ

この地には2/16に訪問しましたが、上り特急の時刻には
既に陽光は弱まり、ここまで輝く風景には巡り合えません
でした。
1週間違うと、こうなっていたのかしら・・・
日頃の行いの問題もありますけどね(苦笑)
  1. 2019/03/02(土) 18:23:26 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

Re: おおっ

マイオさん、コメントありがとうございます。

ここの他に落石も考えていたのですが、この日の釧路地方の天気は晴れに対し根室地方は午後から曇りだったのでこちらにしました。

2/16の日の入りは16時57分、私が訪ねた2/24は17時07分でしたので10分違うことになりますね。
おおぞら10号が馬主来を通過するのがおよそ16時40頃でしたので結構違うかもしれません。

はじめはもうひとつ音別寄りの(火葬場が目印の(笑))入口まで行ったのですが、
確か予報では最高気温4℃、南寄りの風7mだったと思います。
プラス気温、南風が入ることで雪融けも進み霞んだ景色になるのではないか…
霞んだらさらに赤く染まるのではないか…
ある程度風もあるので飛沫が舞うのではないか…
と予想し、逆光になることと海岸線を広く入れたくて馬主来を選んでみました。

ただ、もう少し列車の編成を考えたかったですね^^;
いつも詰めが甘いです…。


  1. 2019/03/03(日) 12:00:50 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる