FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

消えた夏

P8224084-3fc.jpg

秩父鉄道 樋口~野上    2013年8月撮影


大粒の汗が顔を伝う。
吹く風も暑く、堪らず木陰に逃げ込んだ。
頭上から免れたはずの日光に代わって蝉の声が降り注ぐ。

もう止め止め、場所探しなんてしてらんない
軟弱者であるからして、もうここから動けないと尻に根が生えた。

緑濃き山、沸き立つ雲、蝉時雨…
ジリジリと焼ける音が聞こえてきそうなニッポンの夏に汽車が駆け抜ける。


あれから数年後、同じ場所に行ってみれば鳥居の奥には太陽光パネルの列が並んでいた。
農業を営む後継者問題、温暖化によるエネルギー対策…
それも時代の流れだよね、と言って片付けられるものかしら。

だからという訳ではないけれど…
暑苦しく鳴いていたセミの数も減り、またひとつ汽車が似合う日本的な風景が消えてしまったのは確かだ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/08/13(火) 04:56:02|
  2. 秩父鉄道
  3. | コメント:4
<<鎮魂の笛 | ホーム | フェンスの向こう>>

コメント

おはようございます

神社仏閣と蒸気機関車、とても相性がいいと思います。
古い街並みや路地裏も相性いいです。
それぞれの長い歴史がそう思わせるのでしょうか?
  1. 2019/08/14(水) 06:45:22 |
  2. URL |
  3. 憂行写人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: おはようございます

憂行写人さん、コメントありがとうございます。

私も神社仏閣を見ると蒸気機関車と合わせたくなります(笑)

まだまだ路地裏を上手く入れるまでは至ってませんが、
その土地の歴史とか、漬物の匂いがしてきそうな生活臭とかを一枚に込められたら素敵ですよね。

神社にしろ村の景色にしろ、長いこと暮らしと共にあったからなんだろうなぁと私も思います。
  1. 2019/08/14(水) 11:40:44 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/08/14(水) 12:19:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 秘密さん

コメントありがとうございます。

なんと、そうだったんですか!
それは意外でした。ご提供ありがとうございます(笑)
ぜひ参考にさせて頂きます。
  1. 2019/08/14(水) 12:30:55 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる