FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

初夏の音色に

P5040470-1fc.jpg

大井川鐡道 塩郷~下泉


フィー、フィー、ヒョヒョヒョヒョヒョ…と鳴き声の聞こえる川岸。
古くから大和民族に馴染みのあるというカジカガエルは何とも清らかな声で鳴く。
平安時代、京の都で鳴き声を楽しむ宴があったとどこかで聞いたような読んだような記憶があるが
その声は北海道には生息しておらず、最後に聞いたのは伊那谷から小淵沢に向かう山中の旅路の黒川であった。
何十年振りとなる、久々に聞いた生の鳴き声…
この声も日本人として忘れたくない初夏の音色だ。

その鳴き声を伴奏に、シゴロクが弾けるように唄いながら対岸を駆けて往く。
強い日差しに煙こそなかったが、これはこれで僕にとって古き良き光景となって甦って来た。
昭和40年の中ほど、信州は飯山線。
千曲川に沿うようにC56が短い貨物を牽いて、唱歌ふるさとの地を走るその様を…。

飯山線の蒸気機関車はC56を中心に、冬にはC12が応援に入り臨時旅客を牽いていた。
たまに目にしたC12はこの時のものだったのだろう。
蒸気機関車の知識が付き出した頃、黒煙を吹き上げ重量列車を牽っぱるD51こそが全て、
C56なんて小さなドかっぺ丸出しな機関車なんか…とバカにしていたが
今にしてこれほど懐かしく思う機関車はなく、彼でよかったなぁと思えてならない。

滔々と流れる千曲川、カジカガエルがヒョヒョヒョと鳴く。
夢中で川遊びをする向こうを、気を付けて遊べよポー、ポーッと汽笛を鳴らす。
藁葺き屋根を持つ山村に見えた煙…
のどかで美しい信濃路を、シゴロクはこんな風に川に沿って走っていたのだ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/05/30(木) 23:05:45|
  2. 大井川鐵道
  3. | コメント:0
<<陽が落ちた信濃路で | ホーム | 恩師の水彩画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる