笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

祠と汽車と

蒸し暑い曇り空。
湿気が体に纏わりつくような関東独特の湿気。
よく手入れされた田圃の畔に目をやれば、オタマジャクシから蛙になったばかりの小さな蛙が無数に飛び跳ねていた。
こんなに沢山いても、鳥や蛇に食われて生き残るのは僅かなんだろうなぁと思いながら水辺を覗きこむ。
そんなことをして汽車を待つ時間もまた楽しいものだ。

程なくしてドラフトが聞こえてくる。
全く期待していなかった煙が程よく流れ、ロッドがカランカランといいリズムを刻む。
平坦線を行く汽車はとても軽やかだ。
勾配区間を煙を吹き上げ、割れんばかりのドラフトで力一杯奮闘する様は蒸気機関車の象徴ともいえる姿だと思うが
鼻歌交じりに行く姿もなんとも魅力的だ。

豊作を祈る祠なのだろうか、纏う暑さを振りほどく青々とした涼やかな稲揺れる路。
そんな如何にも日本的な風景の中をシゴハチが、らしい軽快な足取りで駆け抜ける。

仄かに香る石炭の匂い…

ゆっくりと胸いっぱいに吸いながら見送った。
汽車の姿が見えなくなるまで。



P7170920-10fc.jpg

秩父鉄道 大麻生~明戸

OLYMPUS E-5
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ




  1. 2016/07/26(火) 00:47:22|
  2. 秩父鉄道
  3. | コメント:0
<<君の行く路は | ホーム | 昭和への回帰>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (57)
山口線 (7)
真岡鐡道 (4)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (7)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる