FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

千曲川スケッチの車窓

P5265485-12fc.jpg

飯山線 替佐~蓮


奥秩父山塊を源とする千曲川は、県歌信濃の国に唄われる佐久平、善光寺平と北上し関田山脈に沿って東に向きを変える。
名だたる豪雪地帯の谷を削り、越後へと流れ出た川名は信濃川と変え、米の一大産地を潤したのち日本海へと注がれ長い旅を終える。
その川に案内されるように敷設された飯山線。
蓼科、真田、姨捨、志賀…様々な山地から支流を集め、滔々と流れる大河を車窓に
列車はうさぎ追いしかの山を見て、小鮒釣りしかの川を渡る。

赤い屋根の家は、あるブログをされてる方によれば明治時代には既にあったらしい。
古い写真を見てみると当時から築年数は経っているようにも見え、ひょっとしたら江戸時代からのお宅かもと時代のロマンを掻き立てる。
飯山線の前身飯山鉄道が信越本線豊野から飯山まで開通したのは大正10年だから
島崎藤村が詠んだ千曲川のスケッチの風景を知る今では数少なくなった家のひとつであろう。
飯山線はそんな景色をコトコト走るのだ。


上信越道、北陸新幹線開通から急速に姿を変えつつある信州。
経済効果も上がり便利になったと言うけれど、それに比例するように地方らしさは薄れ、
昔の風景が失われ都会化していくことに心を痛めている人も多く、変わり往くふるさとの風景は見たくないと帰らない出身者もいるという。
北信らしい風景を行く飯山線の車窓…
いつまでも残って欲しい、残して欲しいと願う風景だ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/06/26(水) 12:29:23|
  2. 飯山線
  3. | コメント:2
<<夢のあと | ホーム | お地蔵のお力>>

コメント

千曲川

40年以上昔ですが、栄村付近で千曲川を眺めたら
思っていたのと逆方向に流れていてビックリしたのを思い出しました。
ついこないだの様に思い出されます。
  1. 2019/06/26(水) 20:38:45 |
  2. URL |
  3. ひこ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 千曲川

ひこさん、コメントありがとうございます。

栄村界隈から千曲川を見ますと、左手に飯山・長野、右手に関田山脈が迫り越後の国境となります。
川は山から平地へ流れますから、開けた左手方向に向かって流れると勘違いされても仕方のないことかと思います。
実際は山間を畝って越後平野に流れていくのですから、見たまんまの景色から思えばややこしいですね(笑)

  1. 2019/06/26(水) 21:15:28 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる