FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

運河のある鉄路

P8040064-10fc.jpg

鶴見線 海芝浦支線 新芝浦~浅野


輸送を鉄道に頼っていた時代なら多くの線路が敷かれていたであろう京浜運河のある風景。
その名残りは昭和末期から平成初期の頃まではそこそこ見られたように思う。
一気に減ったなぁと感じたのはみなとみらいの工事が本格化した辺りだろうか。
埠頭へ行くと廃止になった線路がそのまま残っていて、ドブ臭い運河と古臭い倉庫、人の気配がしない空間に
夜ともなれば巷で見る港とは一味違う独特な夜景が楽しめた。
まだ生きてる線路があると数輌の貨車が埠頭の照明にボンヤリ浮かび、ホキやトラなどの車輛に乗り込み
たまに運河を通る船を見ていた。
基本的に埠頭は立ち入り禁止だが、無視して入っても港湾労働者や警備員に
「〇〇の区域は船の積み下ろしがあるから行くなよ」くらいの、特にお咎めを受けることのない良い時代で
作業を見ながら飲んだ缶コーヒーの味は忘れられない。

忘れられないついでにもうひとつ、夜の岸壁でビットに腰かけ港を眺めていると艀がやって来た。
近付く艀に邪魔になるなと立ち上がると強烈なライトの向こうでくわえ煙草の作業員が叫ぶ。
どやされるのかと思えば何てことはなく手を貸せと言う。
「おい兄ちゃん、ロープ投げるからそこに引っ掛けてくれや」
言われるがままにロープをビットに引っ掛け、要は体のいいパシリに使われたわけだが悪い気はしなかった。


港湾整備が進み、臨港線も残っていた廃線跡も数を減らし、比較的気軽に入れた運河沿いの規制も厳しくなった。
旭運河沿いにスマートなステンレスの列車が走る。
ちょっとキケンな匂いがしていた運河のある風景は随分と大人しくなった印象を与え、
飲んだ缶コーヒーは少し寂しい味がした。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/08/06(火) 22:22:57|
  2. 鶴見線
  3. | コメント:0
<<フェンスの向こう | ホーム | 運河と吹き溜まり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる