FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

フェンスの向こう

P8080107-10fc.jpg


横浜に住んでいた友人の嫁さんは、父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフだった。
父親はベトナム戦争を生き残り、同じく軍人である彼女の叔父は在日米軍施設に勤務していた。
その施設は現在日本に返還されたようで、はたしてどの辺りにあったのかは覚えてないが
ある時、友人夫婦に誘われて行ったことがある。
家族ならともかく、単なる友人如きで米軍施設に入れるのかと聞いたが全く平気だという。
パスポートないぞ?ゲート潜っていきなり発砲されたんじゃたまったもんじゃねぇぞ?
そんな心配は杞憂に終わり身分証を見せろと言われることもなく、呆気ないほど簡単にバイクでゲートを通してくれた。

フェンスを挟んだだけなのにこうも違うものか…
視界に入るものが日本にあるカタチのものじゃない。
建物といい、全体の造りといい、表記も聞こえてくる会話も当たり前だが全て英語。
叔父だという彼とも彼女を通しての会話だ。
彼もまたバイク乗りだと陽気に笑うその仕草や表情を全面的に出す辺り、うーん、やっぱり日本なのに日本じゃない。

そう広くない施設ではあったが、映画でよく見るパトカーが常に巡回し、その頻度は日本の比ではなく
それこそここでウイリーなんかしたらすぐにパトカーがやって来て、後ろを向かされ銃を突きつけられるよと言っていた。
格納庫のような建屋にある食堂に招待してくれると、これまた映画でよく見かけるシーンのよう。
天井には万国旗が垂れ下がり、ロックが流れ、体のデカい軍人がHAHAHAなんて笑っていやがる。
好きなものを頼んでいいよと言われても、どれが何だか何がどうだかさっぱり分からず、
出て来たランチはゴテゴテの巨大な盛り付けのパスタだった。

横田基地にジェット燃料を運ぶ集うタンク車に不思議な感覚が甦る。
首都高速湾岸線が通り、つばさ橋が奥に見えるというのに、
ここのフェンスの向こうもまた日本の中にあるアメリカなのである。



P1254464-10fc.jpg

横浜市安善町 在日米軍鶴見貯油施設




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/08/09(金) 03:48:00|
  2. 駅・設備
  3. | コメント:0
<<消えた夏 | ホーム | 運河のある鉄路>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる