FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

鎮魂の笛

C122568-1.jpg

埼玉県 所沢航空発祥記念館    2012年12月撮影


米国プレーンズ・オフ・フェイム航空博物館所有の旧日本海軍零式艦上戦闘機52型は
世界でたった一機、オリジナルの栄21型エンジンで飛行できる唯一の零戦だ。
我が国初の引込脚式単座戦闘機で、主任技師はジブリアニメの「風立ちぬ」で登場した堀越二郎である。
因みに零戦の零とは、制式採用された昭和15年は日本の年号でいう皇紀2600年の末尾を取ったものであり
令和元年の今年は皇紀2679年にあたる。

当時、泥沼化していた日中戦争で現地から一刻も早く新型戦闘機をの要望により
試作機段階の十二試艦上戦闘機のまま前線に送られ、その後、零式一号艦上戦闘機一型として
(昭和17年4月、呼称変更され零式艦上戦闘機11型となる)制式採用された待望の戦闘機だった。
初陣は昭和15年7月の重慶爆撃護衛の任であり、初撃墜は13機で出撃にした三回目で
精鋭揃いであった中国空軍のソ連製イ15、イ16戦闘機27機を全機撃墜、味方損害0という圧倒的なものだった。

中国軍の戦闘機は既に旧式化していたとはいえ、敵機撃墜は容易ではない。
撃墜王(エース)と呼ばれるには何機以上落とせばいいのかというと、たったの「5機」である。
しかし1機撃墜するには想像し得ない技術と集中力が必要で、例えるなら暴れ馬の背に乗って針の穴に糸を通すほどだという。
生き残った方の書物や、実際に真珠湾攻撃で空母赤城に乗艦された方の話によると
二十歳前後の若者とはいえ戦闘機搭乗員の眼光は鋭く、飛んでるハエを箸で掴めたそうだ。
時代が進み老人となった元戦闘機乗りが、街で「おい、ジジイなめんなコラ」と絡んできた複数人のヤクザを
一目睨んで退散させたというから、死線を掻い潜り、実際に人を殺してきた目はそれほど恐ろしいのだろう。

そこまで鍛えられた世界有数の搭乗員も、大本営や司令官の愚作と驕りによって疲弊し失われていく。
資源も技術も乏しい島国では零戦に変わる新鋭機の開発も遅れ劣勢、連合艦隊の壊滅、広島・長崎原爆投下、
そして74年前の今日の正午、陛下から国民に対して終戦を報せる玉音放送が流れた。
だが大本営から軍に停戦命令は出ておらず、自衛のための戦闘はまだ許されており、
空では東京を偵察に飛来したB-32二機を、横須賀航空隊の紫電改と零戦、雷電の計10機で邀撃し被弾させ
B-32搭乗員に戦死者が出た8月18日が最後である。
陸戦で知られているところでは同日午前1時頃、突如ソ連軍が侵攻した占守島の戦いがある。
このソ連軍の侵攻は北海道占領を目論むスターリンの作戦のひとつで、武装解除を進めていた守備隊により
必死の防衛を以ってこれを阻止し、戦闘は8月21日まで続いた。
戦死者は日本側資料で日本兵約700名、ソ連兵約3000名と戦果を示すようにソ連軍の流れは止められ、
北海道占領には至らなかったという見方がある。
終戦となった15日の後も戦闘は続き、一歩間違えていたら今日の日本はなかったかもしれない事実があったのだ。



P5040518-1fc.jpg

大井川鐡道 田野口    2019年5月撮影


雷雨を受けて復員機関車C5644が走る。
太平洋戦争開戦から間もなく南方戦線のタイに送られ、映画「戦場にかける橋」のモチーフとなった泰緬鉄道建設に携わる。
動員数は捕虜、現地人合わせて20万とも30万ともいわれ、日本兵とて扱いはタコ部屋労働の
双方とも大量の犠牲者を出した死の鉄道。
破壊されては復旧を繰り返し、銃弾、爆弾、血の雨と降る戦地に比べたら平和の雨なんざ屁でもないわい、と言いたげに。

兵士と共に多くの蒸気機関車たちが海を渡り、奇跡的に復員できたのはたったの二輌。
その内一輌は靖国神社に保存され、44号機だけが今なお生きて祖国の地を走る。
彼の汽笛は戦地で散った戦友や、敵国であった兵士、民間人の霊への鎮魂の笛となって現代に響く。

今の暮らしは、今の贅沢させてもらえる環境は尊い犠牲の上にある。
たった74年前に起きたこと、その歴史を、亡くなっていった人のためにも僕らはもっと知る責任があると思う。
あの悲劇は絶対に忘れてはならない。
何があろうと二度と繰り返してはならない。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/08/15(木) 10:31:16|
  2. 雑記
  3. | コメント:0
<<未来夢見て | ホーム | 消えた夏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる