FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

改札口

P8240125-1-10fc.jpg

秩父鉄道 波久礼    ジオラマモードにて現像(トリミングあり)


国鉄の旅行開始の定義とは
旅客が旅行を開始する駅において乗車券の改札を受けて入場すること、と旅客営業規則にある。
切符を出し、駅員が入鋏して改札口を通った時からが旅行開始となる訳だ。
なにも大きなバッグを持ち行くのが旅行ではなく、通勤だろうが通学だろうが同じことであり
一般的に旅行の開始は家の玄関を出た瞬間から、という観点からすれば違和感があったものだ。

まだ小学校に上がる前だから4~5才の頃だろう。
当時の国鉄長野駅は、善光寺の門前町らしく仏閣型駅舎であった。
今のように改札口は出入り兼用ではなく、入口と出口それぞれに独立した違う場所にあった。
昔の駅は地方路線の中間駅でも同じような改札口があったように思うが
人の流れを改札付近でスムーズにさせる狙いがあったのか、しかし慣れぬ者には厄介で困惑した。

地方でも鉄道利用者がまだまだ多かった時代のこと。
長野電鉄に乗り換える際は国鉄長野駅を出るのだが、ごった返す人混みで親とはぐれ迷子になってしまった。
不安になって泣き叫ぶ僕を親は見付け、それは改札口が出口専用であったから当てがあったのだそうだ。
入口改札に行って探そうなどという知恵は幼子にはまだないだろうと踏んでのことで、
もし改札口が出入り兼用で複数ヵ所あったら見当もつかなかったと後日談として聞かされた。

古い改札口を見付けると、ついそのことが思い出される。
秩父地方は札所巡りの地としても知られ、結願したら善光寺に参るのが慣例らしいから
そんなところも何か不思議な力で思い出に導かれるものがあるのかもしれない。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/08/31(土) 00:03:04|
  2. 秩父鉄道
  3. | コメント:0
<<じゃあね | ホーム | 青いナンバープレート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる