FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

甦れ、高原の機関車

P5205785-1 (2)fc

山梨県北杜市 清里駅前


蒸気機関車の、とても素敵で大好きな動画作品「蒸映」。
僕はこの作品を単なる個人的趣味の動画ではなく、映画として捉えている。
何度となく心震わされ、時に励まされ、胸が熱く涙腺を緩まされたかしれないが、それを制作公開している友人から
清里駅前に保存されているC56149について連絡が来た。

初夏の高原に訪れた際、静かな月夜に照らされ傷みの進んだ身体を横たえていた149号機。
仮にも駅前、清里という観光地においてその姿は痛々しく、町としてもいい印象は与えないとさえ思え
何とかならないものかなぁと思っていたが、現在、当機を修復するため

「清里駅前C56 メイクアッププロジェクト」
(https://readyfor.jp/projects/kiyosatoc56149)

としてクラウドファンディングで支援を呼びかけており、友人の周囲で縁もあったことから動画配信がされた。





蒸気を上げ汽笛を慣らし、大地を揺るがす走る蒸気機関車は魅力的だし、どうしても注目が集まるのは人情だろう。
一方で静態保存機は注目度が低く、手入れが行き届き幸せな余生を送っている機関車は少なく
人々から忘れ去られ荒廃し既に解体された機関車もいる。
動画内でも流れているが、一度解体されてしまえば二度と元に戻すことは出来ず、
ある人にとっては大切な思い出があり記憶が刻まれており、解体はその記憶や歴史をもバラバラにされてしまうに等しい。
蒸気機関車だけにとどまらず、人々に惜しまれつつ解体されたもの数知れず
悲しいことに、とかく日本はそういった価値観に乏しいように思う。
写真に残る、人々の胸に残る、そんなものだけでは語れない、済まされないものがあると僕は思うのだ。

149号機に縁があった訳ではないが、個人的にもC56という形式は思い出がたくさん詰まった機関車であり
両親も八ヶ岳山麓の風景には一方ならぬ想いもあるため、微力ながら一家で支援に参加させて頂いた。
一度ボロボロに荒廃したため、再び煙を上げて走れることは望めない機関車であるが
是非とも支援が成立し、今一度きれいに修復されて披露されることを切に願うばかりだ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/09/18(水) 11:46:52|
  2. 廃線・保存機
  3. | コメント:0
<<もうひとつの古里 | ホーム | アナログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (6)
宗谷本線 (15)
石北本線 (119)
釧網本線 (41)
根室本線 (2)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (18)
上越線 (1)
秩父鉄道 (19)
高島線 (1)
大井川鐵道 (14)
山陰本線 (3)
山口線 (7)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (11)
廃線・保存機 (14)
駅・設備 (10)
雑記 (4)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (2)
小海線 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる