FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

寅さんがいるような…

PB223496-p1fc.jpg

山口線 徳佐~船平山    2016年11月撮影


師走。
今年の年末、寅さんが帰って来る。
巷じゃ、主題歌の桑田はないだろとか、渥美清はもう亡くなって久しいのに寅さんじゃないだろとか色々言われてるが
観てみない事には何とも言えるものじゃない。
そういう自分もどうなんだろうと不安な所もあるが、ここは純粋に楽しみに待っていようと思っている。

寅さんは子供の頃から大好きで、「寅さんのような旅がしたい」とずっと思っていた。
旅往くシーンの一コマに出てくる懐かしい日常の風景。
そこにポッと現れる鉄道の数々。
シリーズ初期の頃はよく蒸気機関車が出て来ていた。
久大本線D60、函館本線や中央西線、山陰本線や伯備線のD51、石北本線C58、只見線小出口や大井川鐡道のC11…
よくある鉄道写真のそれではなく、生活の片隅に誰もが意識することなく見ていた景色に彼らはいた。
気動車や電車においても然り、そこに列車がなくても駅や線路だったりと、それが今でも僕に影響し続けている。

晩秋の徳佐に降りた時、田畑に逆らうことなく自然に曲がりくねった小道と残り柿に
向こうから寅さんがやってきそうだとふと思った。
本当はC57をこんな風に撮りたいと思うのだが、踏切に続く小道は多くのカメラの放列が出来てしまう。
いやいや、ここは蒸機ではなく、日常の片隅とならば普段着の列車の方がいい。
しかし撮ってから気付いたというお粗末振りだが、列車に柿の枝が被ってしまった失敗作。
やっちまった、せっかくここまで来たのにと悔やみに悔やんだ。
それでも…
寅さんがいるような風景としてならば、これはこれでもいいのかな、なんて思うこの頃。

よ、写真屋さん、いいのが撮れたかい?あんたもご苦労なこったな。じゃ、あばよ。
なんて寅さんが言ってきそうな、そんな風景だった。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/12/05(木) 18:32:26|
  2. 山口線
  3. | コメント:0
<<暮らしの煙 | ホーム | 荒れていく里>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる