FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

暮らしの煙

_C092517-p2(2)fc.jpg

真岡鐡道 笹原田~市塙    2012年12月撮影


冬枯れの景色に、ふと目に飛び込んで来た光景。
屋敷林に守られた家の先から紫煙が上がる。

古くから害虫駆除や翌年の肥やしとして行われてきた野焼き。
今では廃棄物法でむやみに出来ないものになっているのだとか。
農地から宅地へと進み、煙たいだの臭いだの苦情が相次ぐとかで「何だかなぁ」と思うのは僕だけか。

晩秋の出羽路、飛騨路、信濃路で
各地で幾度となく刈り取られた田圃から見た光景。
煙はスーッと真っ直ぐ空に立ち、ある高さで折れ曲がって拡散されて消えていく。
畔の脇に腰掛け、何も考えずに眺めていると家路に急ぐ少年の姿。
少しくすんだ夕空に夕飯の支度が忙しい家庭の音が吸い込まれていった。
その情景に込み上げた郷愁感…
あぁ、日本ってなんて素敵なんだろうとその都度思わされた。

遠い記憶の景色と目の前の景色が交差する中、小さな田舎っぺ機関車C12が往く。
迫力ある煙も力強いドラフト音もないけれど、暮らしの向こうにある汽車の姿は自然体で
僕が一番親しみを覚える瞬間だ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/12/12(木) 00:34:10|
  2. 真岡鐡道
  3. | コメント:2
<<師走の光 | ホーム | 寅さんがいるような…>>

コメント

何気なかった日常の光景がなくなっていくのは寂しいですね。
より良い生活に向かっている筈なのに、何故か釈然としない今の世の中・・・
今、何気なく撮っている写真がこの先「もう見られない懐かしい光景」になっているかも知れませんね。
  1. 2019/12/13(金) 09:37:08 |
  2. URL |
  3. rrr #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

rrrさん、コメントありがとうございます。

本当に釈然としないですよね。
農地の傍は、土埃も立ちますし虫も多い、農業機械の音もするでしょう。
そこに住む限りどうこう言っても始まらないと思うんですが、それを時代の流れと一言で済ますのは違うように思います。
年の瀬に向かってますが、除夜の鐘すらうるさいと苦情が来て取り止める寺もあるとか。
語弊があるかもしれませんが、高齢者が運転するだけで何か悪者扱い、子供がいれば正義の如く許されるような風潮も然り。
なんだかなぁ…です。

世は移り変わるものですから今ある風景もその内見られなくなるんでしょうね。
そう思うと寂しい気持ちになります。


  1. 2019/12/13(金) 12:43:21 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる