笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

牧草ロールの丘で

帰省してから約一ヶ月。
久しぶりに再会した秩父の汽車と、あの纏わりつくような湿気と猛暑でさえ女々しいほどに後を引き
あまり気持ちの乗らない日々が続いた。
夏本番を迎えた北海道、その暑さは関東生まれの身体には快適そのもの・・ではある。
それでも夏という季節を考えた時、やはり物足りなさも感じてしまうのも事実だ。

周囲は

「暑さはごめんだ」

という声が圧倒的に多く、確かに連日連夜、猛暑酷暑・熱帯夜では堪えるが
それでも厳しい暑さがあってこそ、夏の去り際に込み上げる切なさがより鮮明になるものだと思うし
何気ない風景にもたまらない郷愁感が生まれるのだと僕は思う。

北国の夏は短い。
8月も中旬に入り夏らしい陽気が少し続いたかと思えば、空を見上げれば早くも秋の風が吹き始めていた。
四季のハッキリした内地から比べればあまりにも短すぎるほどである。
夏の顔と秋の顔が交互に入り混じる丘の畑では大型のコンバインによって麦刈りが忙しい。
刈り取られた麦畑に、ひとつの重さが約350㎏という牧草ロールが無造作に点在する丘の袂を
残り僅かな夏を少しでも多く駆けようと単行の気動車がやって来た。



P8112653-11fc.jpg

石北本線 端野~緋牛内




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2016/08/13(土) 21:20:49|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
<<立葵 | ホーム | またね>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (50)
山口線 (7)
真岡鐡道 (2)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (1)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる