笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

オレたちの機関車

P9263694-1fc.jpg


日本全国にどれだけの蒸気機関車が保存されているのだろう。
恐らく相当数の機関車が保存されているのだろうが、手入れの行き届いてない機関車が多い中でここのD51は本当に幸せ者だと思う。

先の記事にも載せた安平町鉄道資料館。
昭和50年12月24日限りで引退したD51は、本来ならば当日に本線牽引最終列車を牽いたD51241が保存される予定だった。
だが、保存のために保管されていた機関区火災により241号機のみならず最終日まで活躍した仲間も被災し、急遽320号機に決定した。
それでも鉄道の町追分の機関車へ対する愛情は深く、また被災した機関車たちへの鎮魂の意味もあるのだろうその想いは320号機だけにとどまらず、
駅前に残る最後のデコイチ4輌の内の一輌465号機の動輪や、動輪をモチーフにした橋の欄干などのように随所に見られる。

普段保管している建屋内には、蒸気機関車を愛する多くの方たちから寄贈された部品や工具も揃えられ、時には部品交換も行うそうだ。
定期的に屋外に出して足回りに油を回し、シリンダーの清掃までもし、ここまで手入れされている機関車は梅小路などのJRが管理する施設を除けば僕の浅はかな知識では他に知らない。

かつてJRで蒸気機関車を復活させる際、部品を使いたいと打診もあったようだが断ったのだという。
長年手塩にかけて保存してきた自負もあるのだろう。
或いはC623号機の運行廃止に見る態度に、客寄せパンダ的に使われるのは忍びなかったのかもしれない。
この日も丁寧に各所を磨き上げる保存会の方たち。
ギラリと油光りする機関車を見る目は、このD51はオラが町、オレたちの機関車だと我が子を慈しむような眼差しだった。
いつまでも末永く、またその魂も受け繋いでいって欲しいと願わずにはいられなかった。



P9263659-1fc.jpg

安平町鉄道資料館     2014年9月撮影




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2016/08/25(木) 03:20:34|
  2. 廃線・保存機
  3. | コメント:0
<<早期復旧を願う | ホーム | 夢見る少年のように>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (57)
山口線 (7)
真岡鐡道 (4)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (7)
保存鉄道 (6)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる